pagetop

本 ベクトル解析

ほしい!に追加 twitter
本-ベクトル解析
著者: 森毅 (著)
定価 ¥1,404(税込)
BOOKFANポイント: 65 pt
or
Tポイント: 39 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 筑摩書房
シリーズ名 ちくま学芸文庫 モ6-5 Math & Science
発行年月 2009年 10月
ISBNコード 9784480092526
版型 --
ページ数 327P
平均評価
(3)
: 0件
: 0件
: 1件
: 0件
: 0件
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

森毅 OFF

内容紹介

ベクトル解析は、電磁気学・流体力学などを学ぶ学生に必須の課程で、しばしば工学・物理系の応用数学とみなされがちである。
しかし見方をかえて、基礎的な「1次元の線形代数学」から多次元への発展、「1変数の微積分」から多変数関数の微積分への発展、の段階の解析学と考えれば、大学教養課程の結節点ともみなしうる。
それはより抽象度の高い、多様体へのゆるやかな第一歩である。
本書では、そのような展開性のある位置づけのもとに、森一刀斎が「ベクトル解析のココロ」を開陳する。
最終章に新たに、教育的側面を明らかにした「なぜベクトル解析なのか」を加えた。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第0章 ベクトル解析とは/第1章 多変数の微分(正比例関数と微分/多変数の(同次)1次関数/多変数関数の微分/多変数の微分計算/陰関数/勾配ベクトル場/変数変換/2階微分/微分作用素の計算/関数関係/多様体/多様体上の関数)/第2章 多変数の積分(積分の概念/測度/微分と積分(1変数の場合)/多変数の積分/体積要素/線積分/面積分/回転/発散/微分と積分(多変数の場合))/第3章 なぜベクトル解析なのか―多次元世界の微積分/演習問題/練習問題解答

著者情報

森 毅
1928年、東京生まれ。数学者。東京大学理学部数学科を卒業。京都大学教養部で教鞭を執り、また民間の数学教育運動にも参画した。京都大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


働く男

星野源(著)


ランキング一覧へ