pagetop

本 純然たる幸福

ほしい!に追加 twitter
本-純然たる幸福
著者: ジョルジュ・バタイユ (著)
酒井健 (編訳)
定価 ¥1,620(税込)
BOOKFANポイント: 75 pt
or
Tポイント: 45 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 筑摩書房
シリーズ名 ちくま学芸文庫 ハ12-8
発行年月 2009年 10月
ISBNコード 9784480092489
版型 --
ページ数 502P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

ジョルジュ・バタイユ OFF
酒井健 OFF

内容紹介

純然たる幸福は、苦痛への否定である。
どんな苦痛をも、苦痛への危惧でさえをも、否定するのだ。
純然たる幸福は言語への否定なのである。
―『無神学大全』第4巻として構想された『純然たる幸福』の関連論文、「非‐知」「真面目さの彼方」「ヘーゲル、死と供犠」「ヘーゲル、人間と歴史」などを中心に、バタイユの最重要テクストを精選編集。
「レオナルド・ダ・ヴィンチ」などの文化・芸術論、「エロティシズムの逆説」などのエロティシズム論、デュラスとの対話ほか全20編を収録する。
文庫化に際し「クレー」「ヘーゲル弁証法の基底への批判」「シャプサルによるインタビュー」の3編を増補。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 文化・芸術論(アーネスト・ヘミングウェイの『誰がために鐘は鳴る』について/ピカソの政治的絵画/クレー/文化の曖昧さ/人間と動物の友愛/芸術、残虐の実践としての/作家の二律背反について―ルネ・シャールへの手紙/レオナルド・ダ・ヴィンチ(一四五二-一五一九)/人の住みえぬ地球に?)/2 エロティシズム論(エロティシズムの逆説/エロティシズム、道徳の支え/エロティシズムあるいは存在を疑うこと)/3 ヘーゲル論(ヘーゲル、死と供犠/ヘーゲル、人間と歴史/ヘーゲル弁証法の基底への批判)/4 思想論(第一の要請/非‐知/真面目さの彼方/飽和状態の惑星/純然たる幸福)/補遺(デュラスとの対話/シャプサルによるインタビュー)

著者情報

酒井 健
1954年、東京生まれ。東京大学大学院修了。パリ大学でバタイユ論により博士号取得。現在、法政大学教授。著書に『ゴシックとは何か』(サンリー学芸賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


働く男

星野源(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


ランキング一覧へ