pagetop

本 戦国の城を歩く

ほしい!に追加 twitter
本-戦国の城を歩く
著者: 千田嘉博 (著)
定価 ¥864(税込)
BOOKFANポイント: 40 pt
or
Tポイント: 24 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
筑摩書房
シリーズ名
ちくま学芸文庫 セ2-1
発行年月
2009年 08月
ISBNコード
9784480092298
版型
--
ページ数
218P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

千田嘉博 OFF

内容紹介

足利将軍邸を模した守護大名の館から、領地を一望する戦国大名の険しい山城、そして巨大な天守を誇った信長の安土城へ。
中世から近世にかけて、城の形は大きく変化した。
城跡調査からその変化を調べていくと、天下統一に向けて権力が再編成された日本中世の、新しい歴史像が明らかになってくる。
本書は、城跡を歩く楽しさやコツなどフィールドワークの基礎から始まり、縄張り図から軍事戦略を読み解くポイントを伝授。
さらにそこから見えてくる政治構造・地域社会の様相など、中世・近世史の謎をていねいに解明する。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 城にたどる歴史(戦国の城に分け入る/非観主義がつくる城 ほか)/第2章 城の探検(地図に城跡を読む/江戸時代の城と中世の城 ほか)/第3章 花の御所から戦国期拠点城郭へ(館と山城/歴博甲本洛中洛外図屏風 ほか)/第4章 城の語る天下統一(戦国以前の山城/戦国期拠点城郭の出現 ほか)/第5章 世界の中の日本の城(ナショナリズムと城/日本の城とヨーロッパの城 ほか)

著者情報

千田 嘉博
1963年生まれ。奈良大学文学部文化財学科卒業。大阪大学博士(文学)。文部省在外研究員としてドイツ考古学研究所、イギリス・ヨーク大学に留学。名古屋市教育委員会・見晴台考古資料館学芸員、国立歴史民俗博物館考古学研究部助教授を経て、奈良大学文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること

河合雅司(著)


死ぬほど読書

丹羽宇一郎(著)


君の膵臓をたべたい

住野よる(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ