pagetop

本 剣の精神誌 無住心剣術の系譜と思想

ほしい!に追加 twitter
本-剣の精神誌 無住心剣術の系譜と思想
著者: 甲野善紀 (著)
定価 ¥1,620(税込)
BOOKFANポイント: 75 pt
or
Tポイント: 45 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 筑摩書房
シリーズ名 ちくま学芸文庫 コ26-1
発行年月 2009年 04月
ISBNコード 9784480092090
版型 --
ページ数 449P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

甲野善紀 OFF

内容紹介

異端の天才剣客真里谷円四郎義旭。
江戸時代中期、一千回を超える他流試合に一度も敗れなかったという桁外れの強さを発揮し、門弟は大名から平士まで一万人以上に及んだ。
その剣の流儀は無住心剣術。
日本剣術史の上で最高峰の流儀とも賞賛されるが、傑出したゆえの矛盾点も抱えてしまった。
本書は、無住心剣術の成立と衰退の過程に焦点を当て、世界に類をみない、剣術を骨格として日本の精神身体文化の形成に深く関わった「武」の思想を解明しようとするものである。
旧版に、今回新たに発見された資料を大幅に増補して改訂を施した決定版。
多方面で活躍する著者の思想的原点となる主著。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 無住心剣術の幻影/2 無住心剣術の生い立ち/3 白井亨は無住心剣術を再興したか/4 江戸時代が育てた剣術の技と思想/5 日本の剣術思想にみられる「気」の概念/6 逆縁の出会い―武家思想に与えた禅の影響/7 相ヌケの思想―無住心剣術にみる人間としての武士の悲願

著者情報

甲野 善紀
1949年東京生まれ。武術研究者。神戸女学院大学客員教授。1978年、武術研究を専門に行なうため松聲館道場を設立し、他流儀や異分野と交流、また古文献を解読して、剣術、抜刀術、体術などを通し古人の身体の使い方を探究。それらの研究がスポーツに応用されて成果を挙げ、さらに介護や楽器演奏、舞踏、工学、教育などの広範な分野から種々の依頼を受けて講演や講習を行なう(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


働く男

星野源(著)


ランキング一覧へ