pagetop

本 贈与論

ほしい!に追加 twitter
本-贈与論
著者: マルセル・モース (著)
吉田禎吾 (訳)
江川純一 (訳)
定価 ¥1,296(税込)
BOOKFANポイント: 60 pt
or
Tポイント: 36 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 筑摩書房
シリーズ名 ちくま学芸文庫 モ11-1
発行年月 2009年 02月
ISBNコード 9784480091994
版型 --
ページ数 305P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

マルセル・モース OFF
吉田禎吾 OFF
江川純一 OFF

内容紹介

ポトラッチやクラなど伝統社会にみられる慣習、また古代ローマ、古代ヒンドゥー、ゲルマンの法や宗教にかつて存在した慣行を精緻に考察し、贈与が単なる経済原則を超えた別種の原理を内在させていることを示した、贈与交換の先駆的研究。
贈与交換のシステムが、法、道徳、宗教、経済、身体的・生理学的現象、象徴表現の諸領域に還元不可能な「全体的社会的事象」であるという画期的な概念は、レヴィ=ストロース、バタイユ等のちの多くの思想家に計り知れない影響とインスピレーションを与えた。
不朽の名著、待望の新訳決定版。
人類社会のアルケーヘ。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序論 贈与、とりわけ贈り物にお返しをする義務/第1章 交換される贈与と返礼の義務(ポリネシア)(全体的給付、父方の財産と母方の財産(サモア)/贈られた物の霊(マオリ)/その他の主題:贈る義務と受領する義務/追記:人に対する贈り物と神に対する贈り物)/第2章 贈与制度の発展―鷹揚さ、名誉、貨幣(気前よさの規則、アンダマン諸島(注記)/贈与交換の原則、理由、強度(メラネシア)/アメリカ北西部)/第3章 古代の法と経済におけるこうした原則の残存(人に関する法と物に関する法(最古のローマ法)/古代ヒンドゥー法/ゲルマン法(抵当と贈与))/第4章 結論(道徳上の結論/経済社会学上および政治経済学上の結論/一般社会学上および道徳社会学上の結論)

著者情報

吉田 禎吾
東京大学名誉教授。文化人類学専攻
江川 純一
宇都宮大学非常勤講師。宗教学専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


ストライク・ザ・ブラッド 16

三雲岳斗(著)


アクセル・ワールド 21

川原礫(著)


ランキング一覧へ