pagetop

本 熱学思想の史的展開 熱とエントロピー 1

ほしい!に追加 twitter
本-熱学思想の史的展開 熱とエントロピー 1
著者: 山本義隆 (著)
定価 ¥1,512(税込)
BOOKFANポイント: 70 pt
or
Tポイント: 42 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 筑摩書房
シリーズ名 ちくま学芸文庫 ヤ18-1 Math & Science
発行年月 2008年 12月
ISBNコード 9784480091819
版型 --
ページ数 386P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

熱学思想の史的展開 熱とエントロピー OFF
山本義隆 OFF

内容紹介

ニュートン力学のあとを受けた18~19世紀は、熱をめぐる世紀となった。
なぜ熱だったのか?本書は、科学者・技術者の実験や論理を丹念に原典から読みとり、思考の核心をえぐり、現代からは見えにくくなった当時の共通認識にまで肉薄する壮大な熱学思想史。
迫力ある科学ドキュメントでもある。
後世が断ずる「愚かな誤り」が実はいかに精緻であったかがじっくりと語られる。
新版ともいえる全面改稿の全3巻。
第1巻は、熱の正体をさぐった熱力学前史。
化学者ラヴォアジェが熱素説の下で化学の体系化をなしとげ、より解析的に熱を取り扱う道が拓かれるまで。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 物質理論と力学的還元主義(機械論的自然観と熱―ガリレオをめぐって/「粒子哲学」と熱運動論の提唱―ボイルをめぐって/「ボイルの法則」をめぐって―ボイル、フック、ニュートン/引力、斥力パラダイムの形成―ニュートンとヘールズ ほか)/第2部 熱素説の形成(不可秤流体と保存則―ブールハーヴェとフランクリン/スコットランド学派の形成―マクローリン、ヒューム、カレン/熱容量と熱量概念の成立―カレンとブラック・その1/潜熱概念と熱量保存則―カレンとブラック・その2 ほか)

著者情報

山本 義隆
1941年、大阪府生まれ。東京大学理学部物理学科卒業。同大学院博士課程中退。現在、学校法人駿台予備学校勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


働く男

星野源(著)


ランキング一覧へ