pagetop

本 〔ルート2〕の不思議

ほしい!に追加 twitter
本-〔ルート2〕の不思議
著者: 足立恒雄 (著)
定価 ¥972(税込)
BOOKFANポイント: 45 pt
or
Tポイント: 27 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 筑摩書房
シリーズ名 ちくま学芸文庫 ア24-2 Math & Science
発行年月 2007年 02月
ISBNコード 9784480090447
版型 --
ページ数 222P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

足立恒雄 OFF

内容紹介

見えてはいるけれどないもの。
ないようであるもの。
納得しがたいがそう考えざるをえない…。
見慣れた直角三角形の斜辺の長さが問題だった!誰もその正確な長さをあらわす数を知らなかった。
そしてさらに不可思議に、それを一辺とする正方形の面積は、またきれいな整数であらわせた。
万物は数であるとした古代ギリシアのピュタゴラス教団にとって、この事実は深刻な教義の破綻だった。
その深淵に彼らは慄いた。
深淵はどのように克服されたのか。
もっとも原初的な抽象的思考から始まったとされる数学が出会った、いくつもの「不思議」をていねいに切り開き、人間存在の「不思議」へまで至る。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 人間の条件は数学することである―「数」の発見(0の発明/「意味」を忘れたら計算がらくになった/カラスの「4」と人間の「4」)/第2章 時間は規則正しく流れているか―「法則」の発見(ガリレオは何と闘ったのか/自然の底に数理を見る)/第3章 「軽薄な言葉の遊び」―「論理」の発見(日常言語におけるウソとマコト/直観から演繹へ)/第4章 〓2(るーと2)が、なぜ不思議なのか―「真理」の発見(とんでもないことに気づいたギリシア人/そこには、永遠に未知な部分がある/「神はサイコロの目で物事を決めている」)

著者情報

足立 恒雄
1941年、京都府生まれ。早稲田大学理工学部数学科卒業。同大学教授。理学博士。専攻は代数的数論、数論史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


そして生活はつづく

星野源(著)


ランキング一覧へ