pagetop

本 実存から実存者へ

ほしい!に追加 twitter
本-実存から実存者へ
著者: エマニュエル・レヴィナス (著)
西谷修 (訳)
定価 ¥1,188(税込)
BOOKFANポイント: 55 pt
or
Tポイント: 33 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
筑摩書房
シリーズ名
ちくま学芸文庫
発行年月
2005年 12月
ISBNコード
9784480089540
版型
--
ページ数
255P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

エマニュエル・レヴィナス OFF
西谷修 OFF

内容紹介

世界の内に生きて「ある」とはどういうことなのか。
20世紀哲学の開拓者たちが深めてきたこの問いを、レヴィナスは捕虜収容所というギリギリの状況下にあって出発点から問い直した。
フッサールやハイデガーの思想にいち早く透徹した理解を示しつつも、つねに批判的な参照項として、ギリシャ以来の合理主義と手を切った地点から新たな展望を開いてみせる。
非人称的な「ある」ことが、「私」として「実詞化」され、糧を求め、他者に出会い、夜一人目醒め、芸術や神に関わる…。
レヴィナス初期の主著にして、アウシュヴィッツ以後の哲学的思索の極北を示す記念碑的著作。
存在は「悪」なのか―。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

実存との関係と瞬間(実存との関係/疲労と瞬間)/世界(志向/光)/世界なき実存(異郷性/実存者なき実存)/実詞化(不眠/定位/時間へ)

著者情報

エマニュエル・レヴィナス
1906年リトアニア生まれのユダヤ人哲学者。フッサールとハイデガーに現象学を学び、フランスに帰化。第二次世界大戦に志願するがドイツの捕虜収容所に囚われて4年を過ごし、帰還後、ユダヤ人を襲った災厄を知る。戦後、ソルボンヌ大学等で教鞭をとる。95年歿
西谷 修
1950年愛知県生まれ。東京外国語大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

日本史の内幕 戦国女性の素顔から幕末・近代の謎まで

磯田道史(著)


君たちはどう生きるか

吉野源三郎(著)


未来の年表 人口減少日本でこれから起きること

河合雅司(著)


ランキング一覧へ