pagetop

本 哲学入門

ほしい!に追加 twitter
本-哲学入門
著者: バートランド・ラッセル (著)
高村夏輝 (訳)
定価 ¥1,080(税込)
BOOKFANポイント: 50 pt
or
Tポイント: 30 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
筑摩書房
シリーズ名
ちくま学芸文庫
発行年月
2005年 03月
ISBNコード
9784480089045
版型
--
ページ数
284P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

バートランド・ラッセル OFF
高村夏輝 OFF

内容紹介

「理性的な人なら誰にも疑えない、それほど確実な知識などあるのだろうか」。
この書き出しで始まる本書は、近代哲学が繰りかえし取り組んできた諸問題を、これ以上なく明確に論じたものである。
ここでは、分析的な態度を徹底しつつ、人間が直接認識しうる知識からそれを敷衍する手段を検討し、さらには哲学の限界やその価値までが語られていく。
それはまさしく、20世紀哲学の主流をなす分析哲学の出発点でもあり、かつ、その将来を予見するものであったともいえよう。
今日も読みつがれる哲学入門書の最高傑作。
待望の新訳。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

現象と実在/物質は存在するか/物質の本性/観念論/面識による知識と記述による知識/帰納について/一般的原理の知識について/アプリオリな知識はいかにして可能か/普遍の世界/普遍に関する私たちの知識/直観的知識について/真と偽/知識、誤謬、蓋然的な見解/哲学的知識の限界/哲学の価値

著者情報

バートランド・ラッセル
1872‐1970。イギリス生まれ。ケンブリッジ大学で数学・哲学を学ぶ。ホワイトヘッドとの画期的な共著『プリンキピア・マテマティカ』によって数学基礎論に貢献。記号論理学を大成するとともに存在論・認識論に適用し、分析哲学の始祖として二〇世紀哲学の流れを決定づけた。平和運動・社会運動にも挺身し、社会評論や倫理問題に関する著作も数多い。1950年、ノーベル文学賞受賞
高村 夏輝
1972年、大阪生まれ。東京大学大学院総合文化研究科

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱

呉座勇一(著)


儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇

ケント・ギルバート(著)


黄砂の籠城 上

松岡圭祐(著)


ランキング一覧へ