pagetop

本 ニーチェと悪循環

ほしい!に追加 twitter
本-ニーチェと悪循環
著者: ピエール・クロソウスキー (著)
兼子正勝 (訳)
定価 ¥1,620(税込)
BOOKFANポイント: 75 pt
or
Tポイント: 45 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 筑摩書房
シリーズ名 ちくま学芸文庫
発行年月 2004年 10月
ISBNコード 9784480088796
版型 --
ページ数 537P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

ピエール・クロソウスキー OFF
兼子正勝 OFF

内容紹介

妻の肉体を次々と客人に提供するという衝撃的な小説三部作『歓待の掟』(1953‐60年)で欲動の共同体を望見したクロソウスキーが、フランスにおける有力なニーチェの翻訳者・研究家の一人として68年5月直後のフランス思想界に投じた、驚嘆すべきニーチェ論。
人格の同一性の下にざわめく言語以前の無数の欲動、すなわち強度の解放という本書の提示した光によって、ニーチェの悲劇的生と思想はまったくあらたな相貌を明らかにする。
大小の断片を積み重ね、自在な引用をつむいでゆく、それ自体破天荒で啓示的な反‐論述は、21世紀の今も誇らしく異端的な地位を失っていない。
優れた翻訳による、みずみずしく真に独創的なニーチェ論の蘇り。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

文化との闘い/欲動の記号論の起源としての病的諸状態/永劫回帰の体験/頽廃、躍動、集団、個別的ケース―四つの基準の起源としての病的諸状態/永劫回帰の科学的説明の試み/選別の教説としての悪循環・永劫回帰の政治的ヴァージョン・悪循環の陰謀/父の亡霊との対面/病者によるもっとも美しき発明/トリノの陶酔/ニーチェの記号論に関する付記

著者情報

ピエール・クロソウスキー
1905‐2001年。パリ生れ。若くしてジッドらに知られ、30年代にはバタイユやカイヨワらの先鋭なグループに参加。戦後は独自の執筆活動を展開
兼子 正勝
1953年生れ。東京大学文学部博士課程中退。パリ大学文学博士。現在、電気通信大学教授。フランス文学・思想専攻

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


働く男

星野源(著)


ランキング一覧へ