pagetop

本 初版金枝篇 下

ほしい!に追加 twitter
本-初版金枝篇 下
著者: J.G.フレイザー (著)
吉川信 (訳)
定価 ¥1,620(税込)
BOOKFANポイント: 75 pt
or
Tポイント: 45 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 筑摩書房
シリーズ名 ちくま学芸文庫
発行年月 2003年 02月
ISBNコード 9784480087386
版型 --
ページ数 538P
平均評価
(4)
: 0件
: 1件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

初版金枝篇 OFF
J.G.フレイザー OFF
吉川信 OFF

内容紹介

著者は二つの問いを立てた。
「第一に、なぜ祭司は前任者を殺さなければならないのか?そして第二、なぜ殺す前に、“黄金の枝”を折り取らなければならないのか?」森の聖なる王、樹木崇拝、王と祭司のタブー、王殺し、スケープゴート、外在魂…大きな迂回とおびただしい事例の枚挙を経て、探索行は謎の核心に迫る。
答えはある意味であっけないが、モティーフは素朴ではなかった。
ロバートソン・スミスのセム族宗教史に多くを負いながら、それと微妙な距離をとると同時に、ルナンへの傾倒を韜晦してやまないフレイザー。
本書を手の込んだ文化相対主義的キリスト教起源史と読むこともできる。
さて、再び、「金枝」とは何か?初版完訳、全二巻完結。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第3章 神殺し(承前)(動物としての穀物霊/神を食すること/神聖な動物を殺すこと/害悪の転移/害悪の追放 ほか)/第4章 金枝(天と地の間/バルドル/民話における外在の魂/習俗における外在の魂/結び)/補遺 初収穫の奉納

著者情報

吉川 信
1960年生れ。中央大学大学院博士課程退学。和光大学助教授
書籍一覧 > 初版金枝篇

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング