pagetop

本 エロスの涙

ほしい!に追加 twitter
本-エロスの涙
著者: ジョルジュ・バタイユ (著)
森本和夫 (訳)
定価 ¥1,620(税込)
BOOKFANポイント: 75 pt
or
Tポイント: 45 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 筑摩書房
シリーズ名 ちくま学芸文庫
発行年月 2001年 04月
ISBNコード 9784480086280
版型 --
ページ数 351P
平均評価
(4)
: 0件
: 1件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

ジョルジュ・バタイユ OFF
森本和夫 OFF

内容紹介

「私が書いたもののなかで最も良い本であると同時に最も親しみやすい本」と自ら述べた奇才バタイユの最後の著書。
人間にとってエロティシズムの誕生は死の意識と不可分に結びついている。
この極めて人間的なエロティシズムの本質とは、禁止を侵犯することなのだ。
人間存在の根底にあるエロティシズムは、また、われわれの文明社会の基礎をも支えている。
透徹した目で選びぬかれた二百数十点の図版で構成された本書は、バタイユ「エロティシズム論」の集大成。
本国フランスでは発禁処分にされたが、本文庫版では原著を復元した。
新訳。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 始まり―エロスの誕生(死の意識/労働と遊び)/第2部 終わり―古代から現代へ(ディオニュソスあるいは古代/キリスト教の時代/結論に代えて)

著者情報

ジョルジュ・バタイユ
1897-1962年。戦前から戦後にかけて、文学・芸術・思想・社会学・人類学・政治など広範な領域で批評活動を行い、現代の思想、文学に大きな影響を与えつづけている。著書に『無神学大全』『呪われた部分』『エロティシズム』『宗教の理論』『至高性』など。小説に『青空』『眼球譚』『マダム・エドワルダ』など
森本 和夫
1927年奈良県生まれ。東京大学文学部仏文科卒業。東京大学名誉教授。デリダやバルトなどフランス現代思想の翻訳書、比較思想関係の著書多数

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


働く男

星野源(著)


ランキング一覧へ