pagetop

本 知恵の樹

ほしい!に追加 twitter
本-知恵の樹
著者: ウンベルト・マトゥラーナ (著)
フランシスコ・バレーラ (著)
管啓次郎 (訳)
定価 ¥1,296(税込)
BOOKFANポイント: 60 pt
or
Tポイント: 36 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 筑摩書房
シリーズ名 ちくま学芸文庫
発行年月 1997年 12月
ISBNコード 9784480083890
版型 --
ページ数 321P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

ウンベルト・マトゥラーナ OFF
フランシスコ・バレーラ OFF
管啓次郎 OFF

内容紹介

エネルギーや物質を環境から受け入れはするものの外部システムの作動には関知せず、自己は自身をもとに自らを創出する―本書は、システムが自分自身の組織を形成し変化させていく閉じた環のなかにとどまり、その循環をよき環としてとらえなおそうという、まったく新しい生物学の原理“オートポイエーシス理論”の初歩的で原理的な入門書。
生物のあいだの円環を意識しながら、生命の世界に対するしなやかな感性と、生物を制御対象ではなく自律主体として見る柔軟な視線でとらえるこの認識論は、1973年、チリのアジェンデ政権下における知的沸騰のなかで生まれ、社会や法律、現代思想に大きな影響を与えた。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 “いかにして知るのか”を知る/第2章 “生きていること”の組織/第3章 歴史―生殖と遺伝/第4章 メタ細胞体の生活/第5章 生物のナチュラル・ドリフト/第6章 “行動域”/第7章 神経システムと認識/第8章 “社会”現象/第9章 “言語域”と人間の意識/第10章 知恵の樹

著者情報

ウンベルト・マトゥラーナ
1928年チリ生まれ。医学、生物学を修め、バレーラとともに生物の組織化の神経システムを機能的に解明。同じ機能が人間社会のシステムにも働くことを考察した
フランシスコ・バレーラ
1946年チリ生まれ。認識と意識の生物学的・サイバネティクス的基礎について師であるマトゥラーナと研究。応用数学でも数々の業績がある。2001年没
管 啓次郎
1958年生まれ。ニューメキシコ大学比較文学科にて修士号取得。明治大学理工学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

村上海賊の娘 第3巻

和田竜(著)


小説君の名は。

新海誠(著)


狼と羊皮紙 新説狼と香辛料

支倉凍砂(著)


ランキング一覧へ