pagetop

本 マニエリスム芸術論

ほしい!に追加 twitter
本-マニエリスム芸術論
著者: 若桑みどり (著)
定価 ¥1,728(税込)
BOOKFANポイント: 80 pt
or
Tポイント: 48 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 筑摩書房
シリーズ名 ちくま学芸文庫
発行年月 1994年 12月
ISBNコード 9784480081711
版型 --
ページ数 506,35P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

若桑みどり OFF

内容紹介

マニエリスムとは何か。
それは危機の時代の文化である。
世界調和と秩序の理念が支配した15世紀は、黄金のルネサンスを生み出した。
だが、その根本を支えてきたキリスト教的世界像が崩れ、古き中世が解体する16世紀は、秩序と均衡の美学を喪失する。
不安と葛藤と矛盾の中で16世紀人は「危機の芸術様式」を創造する。
古典主義的価値をもつ美術史により退廃と衰退のレッテルを貼られてきたこの時代の芸術の創造に光を当て、現代におけるマニエリスムの復権を試みた先駆的な書。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 寓意の勝利/第1章 「愛」の寓意について(新プラトン主義の愛の理論/新プラトン主義的「愛」の二つの形式/ブロンズィーノの「愛の寓意」/「愛」を滅ぼす「時」/「時」と「永遠」)/第2章 プシコマキア―内面の葛藤(美徳と悪徳のたたかい/十六世紀の人体比例論/囚われた体/歪んだ鏡/ずれた消失点)/第3章 マニエリストの宇宙(火と水と土と空気の織りなす世界/ミクロコスモス/大地と空の夢想/水と火の想像力)/終章 万物の変貌

著者情報

若桑 みどり
1935年、東京生まれ。東京芸術大学美術学部芸術学科専攻科修了。1962~64年、イタリア政府給費留学生としてローマに留学。千葉大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


そして生活はつづく

星野源(著)


ランキング一覧へ