pagetop

本 日本の人類学

ほしい!に追加 twitter
本-日本の人類学
著者: 山極寿一 (著)
尾本恵市 (著)
定価 ¥950(税込)
BOOKFANポイント: 8 pt
or
Tポイント: 8 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
筑摩書房
シリーズ名
ちくま新書 1291
発行年月
2017年 11月
ISBNコード
9784480071002
版型
新書
ページ数
286P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

山極寿一 OFF
尾本恵市 OFF

内容紹介

遺伝子研究を導入して人類の進化をたどってきた東大の人類学と、独自の霊長類研究を展開してきた京大の霊長類学。
日本の人類学は、彼らの切磋琢磨によって世界をリードしてきた。
東大分子人類学の泰斗である尾本恵市と、京大霊長類学を代表する研究者である山極寿一が、人類学のこれまでの歩みと未来を語り尽くす。
人類はどこからやってきたのか。
ヒトはなぜユニークなのか。
ユニークさゆえに生じる人間社会の問題とはなにか。
新しい人類学を求める視点から鋭く論じる。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 人類学の現在/第2章 東大人類学と京大霊長類学/第3章 最新研究で見る人類の歩み/第4章 ゴリラからヒトを、狩猟採集民から現代文明を見る/第5章 ヒトはなぜユニークなのか/終章 これからの人類学

うれしい全品送料無料♪全商品1%ポイント還元!
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

人魚の眠る家

東野圭吾(著)


希望荘

宮部みゆき(著)


ルージュ 硝子の太陽

誉田哲也(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ