pagetop

本 教育の職業的意義 若者、学校、社会をつなぐ

ほしい!に追加 twitter
本-教育の職業的意義 若者、学校、社会をつなぐ
著者: 本田由紀 (著)
定価 ¥864(税込)
BOOKFANポイント: 40 pt
or
Tポイント: 24 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
筑摩書房
シリーズ名
ちくま新書 817
発行年月
2009年 12月
ISBNコード
9784480065230
版型
--
ページ数
224P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

本田由紀 OFF

内容紹介

一九九〇年代に、若者の仕事は大きく変貌した。
非正規社員の増加、不安定な雇用、劣悪な賃金…。
なぜ若年労働者ばかりが、過酷な就労環境に甘んじなければならないのか。
それは、戦後日本において「教育の職業的意義」が軽視され、学校で職業能力を形成する機会が失われてきたことと密接な関係がある。
本書では、教育学、社会学、運動論のさまざまな議論を整理しながら、“適応”と“抵抗”の両面を備えた「教育の職業的意義」をさぐっていく。
「柔軟な専門性」という原理によって、遮断された教育と社会とにもういちど架橋し、教育という一隅から日本社会の再編に取り組む。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 あらかじめの反論/第1章 なぜ今「教育の職業的意義」が求められるのか/第2章 見失われてきた「教育の職業的意義」/第3章 国際的に見た日本の「教育の職業的意義」の特異性/第4章 「教育の職金的意義」にとっての障害/第5章 「教育の職業的意義」の構築に向けて

著者情報

本田 由紀
1964年徳島市生まれ。社会学者。東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学(教育学博士)。現在、東京大学大学院教育学研究科教授。著書に『多元化する「能力」と日本社会』(NTT出版、第6回大佛次郎論壇賞奨励賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱

呉座勇一(著)


残像に口紅を

筒井康隆(著)


君たちはどう生きるか

吉野源三郎(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ