pagetop

本 昭和史の決定的瞬間

ほしい!に追加 twitter
本-昭和史の決定的瞬間
著者: 坂野潤治 (著)
定価 ¥820(税込)
BOOKFANポイント: 38 pt
or
Tポイント: 22 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 筑摩書房
シリーズ名 ちくま新書 457
発行年月 2004年 02月
ISBNコード 9784480061577
版型 --
ページ数 221P
平均評価
(4)
: 1件
: 0件
: 1件
: 0件
: 0件
ブクレポ 1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

坂野潤治 OFF

内容紹介

民政党議員だった斎藤隆夫の「粛軍演説」は、軍部批判・戦争批判の演説として有名である。
つまり、輸出依存の資本家を支持層に持つ民政党は、一貫して平和を重視していたが、本来は平和勢力であるべき労働者の社会改良の要求には冷淡だった。
その結果、「戦争か平和か」という争点は「市場原理派か福祉重視か」という対立と交錯しながら、昭和11・12年の分岐点になだれ込んでいく。
従来の通説である「一五年戦争史観」を越えて、「戦前」を新たな視点から見直す。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

プロローグ―「昭和」の二つの危機/第1章 反乱は総選挙の直後に起こった(前史としてのエリートの二極分裂/総選挙と二・二六事件)/第2章 陸軍も大きな抵抗にあっていた(特別議会での攻防/「保守党」と「急進党」の「人民戦線」)/第3章 平和重視の内閣は「流産」した(広田弘毅内閣の退陣(昭和一二年一月)/宇垣一成の組閣失敗 ほか)/第4章 対立を深める軍拡と生活改善(「狭義国防論」の登場/「広義国防論」の反撃)/第5章 戦争は民主勢力の躍進の中で起こった(「民主主義」と「戦争」/「戦争」と「民主主義」 ほか)/エピローグ―後世の常識と歴史の真実

著者情報

坂野 潤治
1937年生まれ。東京大学文学部国史学科卒業。文学修士。東京大学教授、千葉大学教授を経て、現在は東京大学名誉教授。日本近代政治史を専攻し、1868年の王政復古から1937年の日中戦争の勃発までを研究する

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: ランピアン 投稿日:2013/05/11

平和と民主主義との相克

先日の朝、久しぶりに朝日新聞の「声」欄を眺めていると、『96条の先、元首天皇制では』と題した投稿が目に入ったので、暇潰しに読んでみたのだが、その頓狂な内容に思わず笑ってしまった。当年とって75歳という投稿者はいう。高い支持率を誇る宰相安倍晋三の、次の目標は改憲だろう。安倍は九条のみならず第一条をも改正… >>続きを読む
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


働く男

星野源(著)


ランキング一覧へ