pagetop

本 学力低下論争

ほしい!に追加 twitter
本-学力低下論争
著者: 市川伸一 (著)
定価 ¥842(税込)
BOOKFANポイント: 39 pt
or
Tポイント: 23 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
筑摩書房
シリーズ名
ちくま新書 359
発行年月
2002年 08月
ISBNコード
9784480059598
版型
--
ページ数
252P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

市川伸一 OFF

内容紹介

分数ができない大学生、勉強時間の顕著な減少。
いま子どもたちの学力が低下している…。
こうしたショッキングな見解をめぐり激化した学力低下論争の背景には、実に多様な争点が複雑に絡みあっている。
本書は、各論者の主張を丹念にたどりつつ、彼らの役割意識や動機までをも考慮することで、学力低下論争の構図を明快にときほぐす。
さらには、論争を踏まえた上で、「『ゆとり』より『みのり』ある教育」を提唱する。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 学力低下論争の構図/第1章 学力低下論の源流/第2章 学力低下論争の火ぶた/第3章 論争の展開とその影響/第4章 論争をひもとく/終章 みのりある教育に向けて

著者情報

市川 伸一
1953年東京都に生まれる。東京大学文学部卒業。埼玉大学、東京工業大学を経て、現在、東京大学大学院教育学研究科教授。文学博士。専攻は認知心理学、教育心理学。学習、推論、理解といったテーマを、教育実践と関わりながら研究している。教育課程審議会、中央教育審議会等の各種委員会にも参加してきた

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
クラウド本棚認証or認証&電子書籍購入でギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

ビブリア古書堂の事件手帖 7

三上延(著)


火花

又吉直樹(著)


失敗の本質 日本軍の組織論的研究

戸部良一(著)


ランキング一覧へ