pagetop

本 面白くなければカッコよくない

ほしい!に追加 twitter
本-面白くなければカッコよくない
著者: いのうえひでのり (著)
中谷彰宏 (著)
定価 ¥1,512(税込)
BOOKFANポイント: 70 pt
or
Tポイント: 42 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 ダイヤモンド社
発行年月 2002年 08月
ISBNコード 9784478702390
版型 --
ページ数 165P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

いのうえひでのり OFF
中谷彰宏 OFF

内容紹介

「くだらないこと」をまじめにしよう。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 「くだらなさ」が、カッコいい。(「楽しく」することが、演出家の仕事。/怒ってよくなることもあれば、ただ気持ちがすさむだけのこともある。/大雑把でいいところと細かいところを、見極める。 ほか)/第2章 「クサいセリフ」が、カッコいい。(メッセージより、決めセリフが残る。/女の子が恥ずかしがらなくなると、下ネタはつまらない。/基本的には、吉本やドリフターズがベース。 ほか)/第3章 「自分のキャラ」が、カッコいい。(稽古しているうちに際立ってくるセリフを生かす。/相手のキャラを計算しないと、自分のキャラは出せない。/主役のキャラは、最後に決まる。 ほか)

著者情報

いのうえ ひでのり
演出家、作家、「劇団・新感線」主宰。1960年1月24日生まれ。1980年の「劇団・新感線」旗揚げ以来、奇抜なアイデアとハードロック魂で独自の世界を構築してきた。役者の資質を見極め引き出す演出家としても注目され、劇団・新感線から筧利夫、渡辺いっけい、羽野晶紀らを輩出。SMAPの稲垣吾郎主演『広島に原爆を落とす日』(つかこうへい作)、堤真一主演『野獣郎見参』『天保十二年のシェイクスピア』など、劇団外の演出も新感線スピリットが根底に流れる演出で、高い評価を得ている。手掛けるその作品は小劇場という枠を越えて、新しいエンターテイメントとして認められている
中谷 彰宏
1959年4月14日、大阪府堺市生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務所設立

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ