pagetop

本 広告会社は変われるか マスメディア依存体質からの脱却シナリオ

ほしい!に追加 twitter
本-広告会社は変われるか マスメディア依存体質からの脱却シナリオ
著者: 藤原治 (著)
定価 ¥1,620(税込)
BOOKFANポイント: 75 pt
or
Tポイント: 45 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 ダイヤモンド社
発行年月 2007年 02月
ISBNコード 9784478550212
版型 --
ページ数 191P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

藤原治 OFF

内容紹介

戦後60年間、マスメディアとともに発展してきた日本の広告会社。
しかし急速に進むグローバル化とネット化の大波を受け、真の変貌を迫られている。
インターネットの巨人となったグーグルの脅威、地デジ放送の開始、世界的M&Aの盛隆…。
果たして、日本の広告会社は勝ち残れるか。
電通総研・前社長による渾身の提言。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 広告会社はこのままでいいか―過去形としての広告業/第2章 メディアの変貌/第3章 広告主の変貌/第4章 消費者の変貌/第5章 広告の変貌/第6章 広告会社は変わるか/第7章 広告会社の会計・財務の問題/第8章 広告会社の選択肢/第9章 広告会社の経営者論

著者情報

藤原 治
1946年、京都府生まれ。東京大学法学部卒。慶應義塾大学大学院経営管理研究科修士課程修了。72年、電通入社。新聞雑誌局地方部に勤務。88年、世界平和研究所へ出向。その後、電通・経営計画室長、21世紀計画室などを経て2004年7月より電通総研社長兼電通常務執行役員などを歴任。2006年12月末退社。公共広告機構テーマ調査会委員。日本野球機構有識者懇談会会員。農地・農業用水等の資源保全施策検討委員会委員。経済同友会幹事・ITによる社会変革委員会副委員長などを歴任。近年、ネット時代におけるマスメディアの近未来について、各方面でさまざまな提言を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ