pagetop

本 だから顧客が盗まれる 収益に直結する顧客接点からの企業革新

ほしい!に追加 twitter
本-だから顧客が盗まれる 収益に直結する顧客接点からの企業革新
著者: ハーベイ・トンプソン (著)
沢崎冬日 (訳)
定価 ¥1,944(税込)
BOOKFANポイント: 90 pt
or
Tポイント: 54 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 ダイヤモンド社
発行年月 2004年 12月
ISBNコード 9784478502433
版型 --
ページ数 245P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

ハーベイ・トンプソン OFF
沢崎冬日 OFF

内容紹介

顧客中心の組織へと変革を遂げたIBMの教訓をベースに、顧客の視点からビジネスと組織を変えるためのヒントを満載。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

プロローグ 他社に乗り換えてしまうのは、どんなときですか?/1 「私の顧客」という幻想―「私たちは敵に会った。それは私たち自身だった」(IBM(ビッグ・ブルー)の転機/「製品重視から顧客中心へ」の時代背景/離れていく顧客が与えるダメージ)/2 顧客の本音は分からない―「簡単なことだよ。見れば分かる」(顧客満足だけで収益は改善しない/誰が利益をもたらすのか)/3 顧客接点の収益インパクト―「中国にはチャンスとリスクの両方を意味する言葉があります」(顧客の視点でチャンスをつかめ/「企業文化こそ」最大のリスク)/4 顧客を軸に組織を変える―「それは私どものやり方ではございません。ルールに従ってください。」(顧客をめぐる10の神話/あなたの顧客が離反する本当の理由/IBMの組織改革からの教訓)/エピローグ 誰がウチの顧客を盗んだのか?

著者情報

ハーベイ・トンプソン
IBMグローバルサービス社、カスタマー・バリュー・マネジメント・コンサルティング社の経営者として、『フォーチュンの500社』や『グローバル1000社』の上級幹部を対象に、「顧客から見た」理想的な企業としてのビジョンの策定および実施を支援してきた。顧客の視点を活用した企業改革により市場シェアを成長させる手法に関する国際的な権威である
沢崎 冬日
株式会社エァクレーレンにて翻訳に従事。東京大学文学部卒業。経済、経営、国際政治などの分野を中心に活動している

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ