pagetop

本 エコカー世界大戦争の勝者は誰だ? 市場・技術・政策の最新動向と各社の戦略

ほしい!に追加 twitter
本-エコカー世界大戦争の勝者は誰だ? 市場・技術・政策の最新動向と各社の戦略
著者: 桃田健史 (著)
定価 ¥1,728(税込)
BOOKFANポイント: 80 pt
or
Tポイント: 48 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 ダイヤモンド社
発行年月 2009年 10月
ISBNコード 9784478012024
版型 --
ページ数 266P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

桃田健史 OFF

内容紹介

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存で、ビジネスモデルは混沌!誰と組む?どこで売る?競合はどこ?各国のインフラは?エコカー戦争の実態を徹底取材。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 エコカー戦争とは何か(ドキュメント エコカー登場/エコカー流行の舞台裏 ほか)/第2章 エコカー戦争の構図―キーパーソンたちの証言(世界「エコカー戦争」の構図/特許出願世界一 日本のハイブリッド車技術 ほか)/第3章 エコカービジネスの課題は何か?(先が見えない「エコカー減税」と「エコカー補助金」/見えてこないエネルギー供給インフラの整備 ほか)/第4章 アメリカ発エコカー・ビジネスの主役は誰だ?(アメリカ トヨタハイブリッド帝国包囲網の現状/ホンダ「インサイト」の予想外の苦戦 ほか)/第5章 世界のエコカービジネス 戦いの最前線(タイとインドへ波及!トヨタvsホンダの「新世界標準エコカー戦争」が一〇年に勃発!/欧州最大のエコカー「ディーゼル車」の普及は頭打ちか? ほか)

著者情報

桃田 健史
1962年東京生まれ。日本とアメリカ・テキサス州ダラスを拠点として、欧州、BRICS(新興国)、東南アジアなど世界各国で定常的に自動車産業を追う自動車ジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICSや電気自動車関連取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ