pagetop

本 ブラインドテストNo.1 プラズマTV「KURO」はなぜ支持されたのか?

ほしい!に追加 twitter
本-ブラインドテストNo.1 プラズマTV「KURO」はなぜ支持されたのか?
著者: 赤池学 (著)
金谷年展 (著)
定価 ¥1,543(税込)
BOOKFANポイント: 71 pt
or
Tポイント: 42 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 ダイヤモンド社
発行年月 2007年 12月
ISBNコード 9784478003329
版型 --
ページ数 205P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

赤池学 OFF
金谷年展 OFF

内容紹介

「感性価値」が生み出した究極の“画質”“音”そして“感動”。
時代はブランド戦略からブラインド戦略へ。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 「ブラインドテストNo.1」になるということ(『ブランド』と『ブラインド』/ブラインドテストNo.1、「KURO」が意味することは? ほか)/第1章 感性が経済価値を生む(欧州でのブラインドテストで、六割を超える支持を得たプラズマテレビ/ユーザーテスト、ブラインドテストが意味すること ほか)/第2章 「黒」への挑戦(山梨から鹿児島へ運ばれた試作機/プラズマテレビの低価格化に対抗したプレミアムテレビ ほか)/第3章 “音”への回帰、“音”からの出発(それは“音”から始まった/スピーカーの質とは、いかに上手に空気を振動させるかである ほか)/終章 感性価値テクノロジーの到達点(スピーカーづくりの世界的なエンジニア/「音楽」が聴こえてくるか? ほか)

著者情報

赤池 学
(株)ユニバーサルデザイン総合研究所所長、科学技術ジャーナリスト。東京都生まれ。筑波大学第二学群生物学類卒業。社会システムデザインを行なうシンクタンクを経営し、ユニバーサルデザインに基づく製品開発、地域開発を手掛ける。「生命地域主義」「千年持続学」を積極的に提唱し、地域の技術・人材・資源を活かす「ものづくり」プロジェクトの企画、製造業技術、科学哲学分野を中心とした執筆、評論、講演などを行なう。経済産業省産業構造審議会産業技術分科会委員、日本産業デザイン振興会グッドデザイン賞審査委員、武蔵野美術大学講師ほかも務める
金谷 年展
慶應義塾大学大学院政策メディア研究科教授。1962年札幌生まれ。東北大学大学院理学研究科博士課程修了(理学博士)。(株)富士総合研究所主事研究員、青森県立保健大学健康科学部助教授の後、2002年4月より慶應義塾大学大学院政策メディア研究科助教授、2007年4月より現職。『生活者重視社会』『循環型社会』『地域資源活用型社会』へ向けた社会システム研究に従事。経済産業省、国土交通省、青森県等、行政・自治体の委員を数多く務める。著書の『マイクロパワー革命』はエネルギーフォーラム優秀賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ