pagetop

本 湧雲 聖ザビエル、モラエス、百合若伝説

ほしい!に追加 twitter
本-湧雲 聖ザビエル、モラエス、百合若伝説
著者: モリテル (著)
定価 ¥1,080(税込)
BOOKFANポイント: 10 pt
or
Tポイント: 10 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
創栄出版
発行年月
2009年 09月
ISBNコード
9784434135781
版型
--
ページ数
139P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

モリテル OFF

内容紹介

16世紀、キリスト教伝導に尽くし、聖人に列せられた聖ザビエルは、日本人の持つ優れた素質について密着し、身をもって証明してくれた人物である。
アジア宣教の旅をテーマにシナリオ形式で聖ザビエルの半生を追う(『聖ザビエルとアンジロウ』)。
主人公モラエスは、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)と同じように日本を愛し、日本の姿を広く海外に紹介した作家文化人である。
風貌や文化の違いにとまどいながらも、心身ともに日本人であろうとした彼の生き様を描く(『他郷ながら故郷―モラエス慕情』)。
近松門左衛門の傑作「百合若物語」が、実はギリシア、ホメーロスの「オデッセイア」の翻訳ではないかと思われるほどの共通性があるという、驚きの議論を取り上げている(『百合若物語はどうしてできたか』)。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

シナリオ 聖ザビエルとアンジロウ/シナリオ 他郷ながら故郷―モラエス慕情/評論 百合若物語はどうしてできたか―ギリシア神話と日本の伝説の接点(はじめに―坪内逍遙説/幸若舞/近松門左衛門作『百合若大臣野守鏡』/新村出説―カモンイスとの出会い/カモンイスから近松へ/「父と子」のテーマ)

著者情報

モリテル
本名:森本義輝。大正15年大阪市に生まれる。教員生活の後、執筆活動に入る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
うれしい全品送料無料♪全商品1%ポイント還元!
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ