pagetop

本 戦略不在システム・「カイゼン」への道 日本の針路 歴史から学び、失敗から学ぶことのすすめ

ほしい!に追加 twitter
本-戦略不在システム・「カイゼン」への道 日本の針路 歴史から学び、失敗から学ぶことのすすめ
著者: 朝岡正雄 (著)
定価 ¥1,944(税込)
BOOKFANポイント: 90 pt
or
Tポイント: 54 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 ブイツーソリューション
シリーズ名 日本の針路
発行年月 2008年 05月
ISBNコード 9784434118302
版型 --
ページ数 223P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

朝岡正雄 OFF

内容紹介

日本は近代化、民主化について、実力不足の面がある。
この点は、先入観にとらわれることなく、歴史から率直に学ぼう。
また、日本の強みと弱みについて、改めて見直すことも大切と思い、幾つかの具体的事例を紹介している。
敵を知らず、己を知らざれば、百戦して百度危うし、敵を知り、己を知れば、百戦して、百度危うからず、である。
戦略的思考、複眼思考の方法は、国の政策でも、経営戦略でも、基本は同じである。
日本の優れた経営・経営者についても、具体例に沿い、具体的社名を入れて幾つかを紹介することとした。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 太平洋戦争の経験から何を学ぶか(太平洋戦争は戦争を行う大義がなかった/基本戦略無し、目的不明確、意味不明戦争の着手経緯 ほか)/第2章 馬鹿馬鹿しい戦争を現実化した諸要因(視野狭窄か反省不足か)(国内動向からの原因究明/戦争早期終結を実現したイタリヤの手法との対比 ほか)/第3章 現時点で歴史から何を学ぶか―太平洋戦争を手がかりに、戦略・実学の技法を探る(国家統治面での反省/制度・システムの問題 ほか)/第4章 歴史の教訓反映の構造改革試案(当面の改革目標と改革の要点/統計でウソをつく法への対抗手段 ほか)/第5章 結びに代えて(歴史から何が学べたのか:理論と実務の橋渡し―現場の強さ(再論)/日本に欲しかった近代市民社会革命―エリート主義と民主主義との優劣、市場の失敗と政府の失敗、政策には「クールヘッドとウォームハート」が必要 ほか)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ