pagetop

本 アジャイル開発の6原則と20のベストプラクティス オープン統一プロセス〈OpenUP〉とラショナル統一プロセス〈RUP〉を集約した実践的ソフトウェア開発指針

ほしい!に追加 twitter
本-アジャイル開発の6原則と20のベストプラクティス オープン統一プロセス〈OpenUP〉とラショナル統一プロセス〈RUP〉を集約した実践的ソフトウェア開発指針
著者: パー・クロール (著)
ブルース・マックアイザック (著)
落合修 (訳)
定価 ¥4,320(税込)
BOOKFANポイント: 200 pt
or
Tポイント: 120 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 エスアイビー・アクセス
発行年月 2007年 08月
ISBNコード 9784434108747
版型 --
ページ数 374P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

パー・クロール OFF
ブルース・マックアイザック OFF
落合修 OFF

目次

第1章 基本開発原則の活用/第2章 反復的な価値の立証/第3章 品質への継続的集中/第4章 利害関係者の優先度のバランス/第5章 チーム横断のコラボレーション/第6章 抽象度を高める/第7章 プロセスの適合/第8章 ベストプラクティスの実践的な活用/付録A Eclipseプロセスフレームワーク(EPF)/付録B IBM Rational Method Composer(RMC)

著者情報

パー・クロール
オープンソースプロジェクトであるEclipseプロセスフレームワークプロジェクトのプロジェクトリーダーであり、またRUPとRMCの開発管理者でもあります。また、プロセス領域でのIBMラショナルの戦略の責任者でもあります。プロセス領域には、メソッドとツールの統合や、IBM内でのメソッドの統合も含んでいます。サプライチェーンマネジメント、テレコム、通信、ソフトウェアプロダクト開発の領域で20年間のソフトウェア開発の経験を持っています。カリフォルニアのロスガトスに住んでいます
ブルース・マックアイザック
IBMラショナルに在籍し、RUPとOpenUPのコンテンツ開発の指導的な技術者であり、管理者でもあります。過去の20年の間、ブルースは、小規模から大規模までのソフトウェア開発チームを指導しながら、さまざまな管理や技術的な役割を担ってきました。最近では、IRUPの最初のバージョンを開発しました。これはIBM内部向きに仕立てたRUPインスタンスです。また、OpenUPの最初のバージョンを共同開発しました。そして、RUPのRMCへの移行を指揮しました。さらに、IBMプロセスの戦略の実現、既存メソッドの拡張性のあるフレームワークへの統合、そして多様なプロジェクトやビジネスのニーズを網羅する新たなコンテンツの開発の責任を持っています。カリフォルニアのサンノゼに住んでいます(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ