pagetop

本 「風景」という虚構 美術/建築/戦争から考える

ほしい!に追加 twitter
本-「風景」という虚構 美術/建築/戦争から考える
著者: 暮沢剛巳 (著)
定価 ¥2,808(税込)
BOOKFANポイント: 130 pt
or
Tポイント: 78 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
ブリュッケ
発行年月
2005年 09月
ISBNコード
9784434067082
版型
--
ページ数
237P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

暮沢剛巳 OFF

内容紹介

遠近法的錯覚としての「風景」。
ナショナリズムとしての「風景」。
虚構(フィクション)としての「風景」。
「風景」を読み解く。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 「風景」とは何か(「風景」の誕生―「landscape」から「風景」へ/「風景」とナショナリズム―志賀重昂『日本風景論』を読む ほか)/第2章 美術のなかの「風景」(シンプリシティのなかの「風景」―蔡國強の茶室プロジェクト/すべての決定を「現場」に委ねよ―川俣正の「Site Construction」 ほか)/第3章 都市と建築のなかの「風景」(アメリカニズムのなかの建築と「風景」―フランク・ロイド・ライトの「クリティカル・リージョナリズム」以後/緑のリノベーション ほか)/第4章 戦争のなかの「風景」(バグダッドでゴドーを待ちながら/ネガティヴ・ホライズン―「速度」と「漂流」が織りなすポール・ヴィリリオの「風景」 ほか)/第5章 音と光の「風景」(ツーリズム、方言、サウンドスケープ―柳田國男のメディア的「風景」/ミニマリズムから光の彫刻へ―美術と建築が交差する「風景」)

著者情報

暮沢 剛巳
1966年、青森県生まれ。武蔵野美術大学、女子美術大学短期大学部、桑沢デザイン研究所非常勤講師。美術、建築、デザインに関連する執筆活動を行っている。美術評論家連盟(AICA)会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

マスカレード・ナイト

東野圭吾(著)


女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと

西原理恵子(著)


九十歳。何がめでたい

佐藤愛子(著)


ランキング一覧へ