pagetop

本 武道に生きる 格闘空手

ほしい!に追加 twitter
本-武道に生きる 格闘空手
著者: 倉本成春 (著)
定価 ¥1,620(税込)
BOOKFANポイント: 75 pt
or
Tポイント: 45 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 文武研
発行年月 2004年 02月
ISBNコード 9784434040986
版型 --
ページ数 214P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

倉本成春 OFF

内容紹介

ルール無き実践とはいかなる世界なのか。
武道家・倉本成春が自身の数多くの体験をもとに武術としての空手、その根源に迫る。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 「強くなりたい」(伊丹空港の真横で/自然との戯れ ほか)/第2章 刺激的な出会い(空手づけの日々/骨がきしむウェイトトレーニング ほか)/第3章 飽くなき鍛練(神戸での再スタート/ドラキュラのような生活 ほか)/第4章 実戦の心構え(倒すか倒されるか/火の粉は振り払い、消す ほか)/第5章 武術としての空手(屈託がなく単純明快な話しぶり/練って鍛えた体 ほか)

著者情報

倉本 成春
1950年4月5日生まれ、兵庫県伊丹市出身。10歳の時、地元の空手道場に入門。中学2年初段、高校2年二段取得。高校卒業後上京。修行期間ともに汗を流した現極真館盧山初雄館長と「兄弟」の契りを結ぶ。1972年兵庫に戻り商いに携わるかたわら、自己修練にいっそう励む。厳冬のさなか、神戸の山中で精神と肉体を極限状態に追いやる荒苦行を度々実行。この間、各種武道家たちとの交流を深める。1986年、地元兵庫県神戸市に道場を開設。各地で催された「演武会」では、土管、ブロック、瓦、タル木などを各部位でこっぱみじんに砕き、切って落とす重厚な演武を披露し、「全身武器化」の威力をアピール。1995年、韓国道士であり韓医学者であるチョン・ギジョン氏と出会い意気投合。チョン氏の指導を仰ぎ、整体整骨の理論と実践の習得に励む。阪神・淡路震災後、活動拠点を東京に移し、2000年3月からは巣鴨で「クラモト整体療法院」を営む。現在、空手道脩己会最高師範として後進の指導に携わる一方で「倉本塾」を運営している。武道界、スポーツ界の人的交流も幅広く、メディカルアドバイザーとしても活躍中

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ