pagetop

本 鋼鉄のシャッター 北アイルランド紛争とエンカウンター・グループ

ほしい!に追加 twitter
本-鋼鉄のシャッター 北アイルランド紛争とエンカウンター・グループ
著者: パトリック・ライス (著)
畠瀬稔 (訳)
東口千津子 (訳)
定価 ¥1,728(税込)
BOOKFANポイント: 80 pt
or
Tポイント: 48 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 コスモス・ライブラリー
発行年月 2003年 12月
ISBNコード 9784434039942
版型 --
ページ数 158P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

パトリック・ライス OFF
畠瀬稔 OFF
東口千津子 OFF

内容紹介

ロジャーズの先駆的エンカウンター・グループの記録。
北アイルランド紛争は、英国が12世紀にアイルランド島を支配して以来続いていた。
貧しいカトリックと裕福なプロテスタント。
何世紀にも渡った憎しみ合い。
紛争は泥沼化していた。
1972年、ロジャーズらは、北アイルランドの首都ベルファーストから来たプロテスタント4名、カトリック4名、英国陸軍退役大佐1名と、3日間24時間のエンカウンター・グループをもった。
本書はその記録であり、社会的・国際的紛争解決への示唆を与えてくれるであろう。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

構想/グループの参加者集め(第二のスタート)/エンカウンター・グループ(メンバー/第1段階「ツアー(周遊)」 ほか)/物語のその後(北アイルランド再訪とフォローアップ調査/参加メンバーのその後)/付録(本プロジェクトの最初の計画書(アイルランドのイエズス会からの提案)/正式に提案された計画書(CSPからの提案) ほか)

著者情報

パトリック・ライス
カトリック派イエズス会神父、CSP(カリフォルニア州ラホイヤのCenter for Studies of the Person)スタッフを経て、現在個人開業。心理学博士。カール・ロジャーズによって深く影響された人生を歩む。セラピストとしての人間的成長、組織内の個人とチームの交流、コーチングによる経営者のヒューマニスティックなリーダーシップ技能の促進などで活躍中。カリフォルニア州パラ・アルトに妻のクレアと住み、仕事の合間には10人の孫たちと遊んだり、ルシール・パッカード子供病院の集中治療室で、ボランティアとして「cuddler」(愛情をこめて抱いてやる人)もしている
東口 千津子
大阪教育大学大学院教育学研究科修了。大阪府英語科教諭を経てオーストラリアで多文化教育・英語科教授法を専攻、日本語教育、留学生教育に携わる。異文化接触の心理とアイデンティティ、多文化共生、パーソン・センタード・アプローチを研究テーマとする。現在、学校法人山口学園ECC国際外語専門学校で学生相談・カウンセリング、グループワーク、NPOとの協働のコースづくりを通して、個人・グループ・社会の相互作用と発達について考える。異文化間教育学会、日本心理臨床学会、日本人間性心理学会所属
畠瀬 稔
京大大学院教育学研究科博士課程修了。教育学博士。1967~69年の2年間、カール・ロジャーズ博士のもとへ留学。現在、KNC(関西人間関係研究センター)代表、京都女子大学名誉教授

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ