pagetop

本 生き残るフランス映画 映画振興と助成制度

ほしい!に追加 twitter
本-生き残るフランス映画 映画振興と助成制度
著者: 中川洋吉 (著)
定価 ¥2,160(税込)
BOOKFANポイント: 100 pt
or
Tポイント: 60 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 希林館
発行年月 2003年 05月
ISBNコード 9784434030611
版型 --
ページ数 299P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

中川洋吉 OFF

内容紹介

アメリカ映画が世界を席巻する中、映画大国の地位を保持し続けるフランス。
その理由はなにか。
映画産業のシステムを探る。
フランスの映画助成制度を詳述した初の単行本。
日本映画振興策のモデルとして。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 フランス映画を支えるシステム/第1章 CNC(フランス国立映画センター)/第2章 テレビ局の重要性/第3章 映画の著作権とSACD(演劇的著作者作曲者協会)/第4章 フェミス・国立映画学校/第5章 映画の保存とリーガル・デポジット制度/第6章 FNCF(フランス映画館連盟)/第7章 無制限パス/第8章 アート作品上映館と助成制度

著者情報

中川 洋吉
1942年仙台生まれ。父の赴任で旧仏領インドシナ(現ヴェトナム)・ショロン市に居住。1945年敗戦で引き揚げ。以後、東京在住。筑波大付属高校を経て、62年、早稲田大学第一政経学部政治学科入学。在学中は「シナリオ研究会」に属す。66年、早大闘争の年に同学卒業。同年、大映東京撮影所に助監督として入社。増村保造、山本薩夫、富本壮吉監督等に師事。66年10月に渡仏。フランス政府給費留学生として、パリ第八大学(ヴァンセンヌ校)修士課程を修了。フランス映画批評家連盟会員。在フランス十三年。帰国後、映画評論活動を続ける。91年から二年間、東京国際映画祭選定ディレクター、他に、図書館情報大学講師を務める。カンヌ映画祭取材は77年以来継続。NHK‐BSのカンヌ映画祭番組のコメンテーター

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ