pagetop

本 カミング・ホーム 文化横断的〈悟り〉論

ほしい!に追加 twitter
本-カミング・ホーム 文化横断的〈悟り〉論
著者: レックス・ヒクソン (著)
高瀬千尋 (訳)
定価 ¥2,268(税込)
BOOKFANポイント: 105 pt
or
Tポイント: 63 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 コスモス・ライブラリー
発行年月 2001年 04月
ISBNコード 9784434010477
版型 --
ページ数 286P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

レックス・ヒクソン OFF
高瀬千尋 OFF

内容紹介

現代アメリカの最も卓越したスピリチュアリティの探求者ケン・ウィルバーをして「世界の偉大な神秘主義的伝統についてこれまでに書かれたもののうちで最良の入門書」と激賞せしめた本書は、「“悟り”とは、われわれの根源的調和に―あるいは神秘主義的な別の言い方をすれば、我々が神性に根ざしているという事実に―目覚めること」と定義し、それが現代に生きる我々の日常生活にどのような意味を持ちうるかを明らかにした画期的論考集である。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 黙想的思考―ハイデッガーとクリシュナムルティによるヨーロッパ的およびアジア的アプローチ/第2章 女神カーリーのタントラの道―ベンガルのラーマクリシュナ/第3章 「悟り」への自然な道―ラマナ・マハリシ/第4章 「悟り」に至る十の季節―禅の十牛図/第5章 「一者」のみがある―プロティノスと霊的探求の形而上学/第6章 笑う風景―ハシド派ユダヤ教徒の魂の導師たち/第7章 新たな時代が到来した―聖パウロの手紙/第8章 アッラーのみがアッラーを知る―現代のスーフィー、バワ・ムハイヤッディーンの教え/第9章 古代中国の賢者との対話―『易経』の託宣録/第10章 黙想を実験的に試みるために―アドヴァイタ・ヴェーダーンタの「トゥリーヤ」をめざして

著者情報

レックス・ヒクソン
19歳の時にスー族の霊的指導者でもあったある監督司教から祈りと瞑想の手ほどきを受け、以来世界の諸宗教の文化横断的・実践的研究に携わる。1976年にコロンビア大学より博士号を授与され、その2年後に本書『カミング・ホーム』を発表
高瀬 千尋
1977年東京生まれ。リセ・フランコ・ジャポネ卒、パリ第五大学医学生物学科中退

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


今日の治療薬2017 解説と便覧


現場で使える新人登録販売者便利帖

仲宗根恵(著)


ランキング一覧へ