pagetop

本 実例でみる役割人事評価Q&A

ほしい!に追加 twitter
本-実例でみる役割人事評価Q&A
著者: 森本昭文 (著)
定価 ¥1,728(税込)
BOOKFANポイント: 80 pt
or
Tポイント: 48 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 清文社
発行年月 2008年 07月
ISBNコード 9784433350284
版型 --
ページ数 148P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

森本昭文 OFF

内容紹介

会社を活性化する役割主義人事制度について実例に基づき50のQ&Aによりコンパクトでわかりやすく解説。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

役割評価の基本ルール編―考え方(従来の人事考課と新しい役割評価との大きな違いは?/役割評価における着眼ポイントとは?/役割別に求められる成果・行動評価とは? ほか)/評価の実際編1―成果評価のケース・スタディ(役割成果評価)/評価の実際編2―役割遂行行動のケース・スタディ(仕事への取組み意欲―主に一般職の対象項目/自己マネジメント力―主にコアスタッフ職・エキスパート職の対象項目/集団マネジメント能力―主にマネージャー職の対象項目)

著者情報

森本 昭文
1948年大阪生まれ。1970年立命館大学法学部卒業。(財)関西生産性本部入局、労使関係課長を経て、’83年退職。人事コンサルタントとして独立。1984年労働省定年延長アドバイザー(のちに高年齢者雇用アドバイザー)に就任。1986年大阪府婦人少年局特別協助員に就任。1987年日本賃金研究センター主任アドバイザーに就任。1988年人事コンサルティング会社(株)ユニブレーンを設立。1983年~2007年の間、主要企業140社余の人事・賃金トータル制度の導入設計の指導を行う。この間、わが国の主要先進企業(指導先)の実証例をベースに、「労務事情」(産労総合研究所)より、独自の「21世紀型人事トータルシステム」の人事モデルを発表。2000年、『役割主義人事』(東洋経済新報社)発刊と同時に、「役割主義人事」を商標登録(2001年)。以降、役割主義人事トータルシステムの導入設計と啓蒙・普及に努め、活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ