pagetop

本 戦後アジア秩序の模索と日本 「海のアジア」の戦後史1957~1966

ほしい!に追加 twitter
本-戦後アジア秩序の模索と日本 「海のアジア」の戦後史1957~1966
著者: 宮城大蔵 (著)
定価 ¥4,536(税込)
BOOKFANポイント: 210 pt
or
Tポイント: 126 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 創文社
発行年月 2004年 10月
ISBNコード 9784423710593
版型 --
ページ数 288,6P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

宮城大蔵 OFF

内容紹介

戦後アジアにおいて日本とは何であったのか?―アジアへの関与が「経済進出」として語られることの多いなか、冷戦や革命、脱植民地化といった国際政治の潮流に占める日本の位置づけを探る本書は、1950年代から60年代中盤のインドネシアをめぐる攻防にその答えの鍵を見出す。
巨大な国家規模と豊富な資源に加え、地政学的観点からも海域アジアの「要」であるインドネシア。
そのインドネシアが、急進的ナショナリズムを掲げたスカルノ時代からスハルト体制下の開発の時代へと大きく転換した軌跡は、戦後アジアの政治潮流と国家建設模索のひとつの典型であった。
ベトナム戦争へと収斂していくアメリカの冷戦政策、東南アジアにおけるイギリス帝国の解体、中国の急進化、そしてナショナリズムや革命から開発の時代へというアジアを覆った巨大な変容のなかで、日本は何を目指し、どのように振舞ったのか、各国の思惑と駆け引きが渦巻く多国間関係史を立体的に描き出す。
海によって分断されているように見えて、実は何よりも海でつながれた「海のアジア」。
本書は、従来の東アジア国際政治史では解明されることのなかった、いわば「海のアジア」の戦後史なのである。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

インドネシア賠償をめぐる国際政治/マレーシア紛争仲介工作(日本の関与の端緒/アメリカとの連携/中国との「綱引き」)/九・三〇事件とスカルノ体制の崩壊/開発体制の構築と日本/戦後アジアの変容と日本―冷戦・革命・脱植民地化・開発

著者情報

宮城 大蔵
1968年東京都生まれ。92年立教大学法学部卒業。92‐96年NHK記者。2001年一橋大学大学院法学研究科博士後期課程修了。博士(法学)。日本学術振興会特別研究員、立教大学法学部助手を経て、2004年より北海道大学大学院法学研究科リサーチフェロー

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ