pagetop

本 大阪名所むかし案内 絵とき「摂津名所図会」

ほしい!に追加 twitter
本-大阪名所むかし案内 絵とき「摂津名所図会」
著者: 本渡章 (著)
定価 ¥1,944(税込)
BOOKFANポイント: 90 pt
or
Tポイント: 54 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 創元社
発行年月 2006年 09月
ISBNコード 9784422250465
版型 --
ページ数 254P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

本渡章 OFF

内容紹介

江戸時代の大ヒット旅行書シリーズ「摂津名所図会」から場面を厳選し、絵ときスタイルで古今の習俗や生活、人間模様を活写する案内書。
見開き大の名所絵で全体を鑑賞し、細部に肉薄して謎をとく、見応えと読み応えを兼ね備えた独自の趣向で名所絵を読み解いていく。
江戸期の大坂を歩いている気分を味わいながら、現代につながる生活文化と歴史・地理がわかる全三十六景の名所が登場。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 大坂へ来たりし験(道頓堀のからくり芝居「オランダ人を仰天させた人気芝居」/浮瀬の奇杯「浪花の名物料亭が京、江戸にもあった」 ほか)/第2章 四季の賑わい(今宮の十日戎「海の神はなぜ商売の神様になったか」/住吉の浜「潮干の浜は堺へつづく歩行者天国」 ほか)/第3章 名所の絵物語(高津宮の仁徳天皇「なぜ、古代の都が名所図会の巻頭に」/江口の遊女「西行と遊女の出会いに謎の琵琶」 ほか)/第4章 津の国山河(八軒家から熊野「八軒家は聖地への玄関口だった」/安治川橋と海船「安治川橋はなぜアーチを描くのか」 ほか)

著者情報

本渡 章
1952年生まれ。作家・ライター。産経新聞に大阪の名所図会・古地図・浮世絵をテーマにした連載を2003年からはじめ、2006年8月現在も継続中。1996年、第3回パスカル短篇文学新人賞優秀賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ