pagetop

本 台湾行ったらこれ食べよう! 甘味編

ほしい!に追加 twitter
本-台湾行ったらこれ食べよう! 甘味編
著者: 台湾大好き編集部 (編)
定価 ¥1,512(税込)
BOOKFANポイント: 70 pt
or
Tポイント: 42 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
誠文堂新光社
発行年月
2017年 06月
ISBNコード
9784416617014
版型
A5 (148×210mm)
ページ数
144P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

台湾大好き編集部 OFF

内容紹介

台湾はグルメの宝庫! 小籠包、魯肉飯、カキオムレツ―美味なるものが目白押し。
しかし! 実は台湾は「甘味の宝庫」でもあるんです。
滑らかさと優しい甘さが人気の豆腐系スイーツ「豆花」、今や戦国時代、おいしい&かわいいであふれる「パイナップルケーキ」など 定番の“甘いもの”はもちろんのこと、見た目ファンシー、用途は激渋な「發?」、永遠の名脇役「四果湯」、モッチモチ!? フワフワ!? 空前絶後の口当たり!「涼?」、水飴・イン・クラッカー「麦芽餅」などなど 日本人の間ではあまり知名度はないものの、地元っ子たちが昔から愛する甘味がまだまだ存在しているのです。
中には正直「これ、食べるの……?」という ビックリ味なものもありますが、美容効果が高かったり、健康にいいと思われていたりしていて そうした背景を知ると、なんだか味わい深く感じてしまいます。
大好きなお菓子を毎日買いに来るおじいちゃんや、仕事帰りにカウンターで甘味をチャージするお姉さん、背中を丸めて大きなかき氷を黙々と食べるおじちゃんに おやつ時に名物サンドイッチを爆買いするおばちゃん―台湾の人々を見ていると、甘いものの愛され具合がビンビンと伝わってきます。
そんな、現地の人たちの“日常的な甘味”を ライブ感たっぷりの写真と解説でお届けします! おまけに、地元っ子激アツ推薦!「この店のこれ食べて!」や バラマキ土産コレクションと簡単ラッピングアイデア、豆花のトッピング解説なども。
さあ、まだ見ぬ“台湾 甘味の旅”へ歡迎光臨!

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

地元っ子激オシ 食べてみて!ここの、これ!/冷たいもの/温かいもの/素朴系おやつ/昔ながらの面々/食後にどうぞ/ベーカリーはおいしいの隠れ家

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
10日間の期間限定!最高3,000円分ギフト券プレゼント中!
いよいよ最終週!真夏のポイント50倍カーニバル!
特集一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ