pagetop

本 漁場利用の社会史 近世西南九州における水産資源の捕採とテリトリー

ほしい!に追加 twitter
本-漁場利用の社会史 近世西南九州における水産資源の捕採とテリトリー
著者: 橋村修 (著)
定価 ¥3,780(税込)
BOOKFANポイント: 175 pt
or
Tポイント: 105 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 人文書院
発行年月 2009年 02月
ISBNコード 9784409520567
版型 --
ページ数 272P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

橋村修 OFF

内容紹介

海と人の関わりの歴史を、海の利用のあり方から探る!歴史地理学、歴史学、民俗学、漁業学など隣接諸学を包括した社会史的視点から取り組んだ気鋭の論考。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 五島列島における漁業と漁場利用(中・近世移行期の上五島における網代の権利―十三世紀後半~十七世紀後半/五島への他領漁業者定着と漁業権の変化―十八世紀中葉以降の福江島大敷網漁業を中心に)/第2部 肥後天草郡の周辺における漁業と漁場利用(十七~十九世紀の天草郡における海面占有にみる漁村間の階層性/近世漁村(浦方)の占有する海域と実際の漁撈活動との関わり/十八~十九世紀の天草郡周辺海域における出漁・入漁をめぐる争論)/第3部 薩摩藩における漁業政策と漁場利用(薩摩藩における漁業政策/薩摩藩における漁場利用)/まとめと考察

著者情報

橋村 修
1972年鹿児島県に生まれる。東京学芸大学大学院修士課程修了。國學院大學大学院博士後期課程修了。博士(歴史学)。歴史地理学専攻。日本学術振興会特別研究員、総合地球環境学研究所プロジェクト研究員などを経て、現在、国立民族学博物館外来研究員、大阪大学、龍谷大学、近畿大学、熊本大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


伝道の法 人生の「真実」に目覚める時

大川隆法(著)


天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


ランキング一覧へ