pagetop

本 「クラシック音楽」はいつ終わったのか? 音楽史における第一次世界大戦の前後

ほしい!に追加 twitter
本-「クラシック音楽」はいつ終わったのか? 音楽史における第一次世界大戦の前後
著者: 岡田暁生 (著)
定価 ¥1,620(税込)
BOOKFANポイント: 75 pt
or
Tポイント: 45 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 人文書院
シリーズ名 レクチャー第一次世界大戦を考える
発行年月 2010年 09月
ISBNコード 9784409511107
版型 --
ページ数 144P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

岡田暁生 OFF

内容紹介

芸術表現につきつけられたアポリア。
落日しつつある西洋社会の閉塞感のなかに胚胎し、続く大戦経験がもたらした表現とは?前衛芸術、録音メディアの登場、ジャズの熱狂、音楽の国有化…音楽史の切断面への試論。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 戦争の「前」と「後」―音楽史の亀裂としての第一次世界大戦(アヴァンギャルドの誕生/アメリカ・ポピュラー音楽の勃興/録音音楽の時代/音楽における国際主義/国有化される音楽?)/第2章 モダニズムからアヴァンギャルドへ―大戦勃発前に起きたこと(戦争の予感/戦場となる演奏会場/シェーンベルクと不協和音の解放/ストラヴィンスキーとリズムの解放/未来派とノイズの解放)/第3章 熱狂・無関心・沈潜―戦中の音楽状況(「精神の戦い」としての第一次世界大戦/総動員体制の中の音楽?/世代交代期としての第一次世界大戦/出兵した作曲家たち/亡命者たちの音楽/内なる戦争体験)/第4章 社会の中の音楽―パウル・ベッカー『ドイツの音楽生活』をめぐって(音楽は社会が作る/音楽における資本主義への批判/音楽社会学的テーゼの反転―ベッカーからアドルノへ/最後の啓蒙主義者としてのベッカー?/音楽を通した国際的融和の希求/戦争がもたらしたもの)/第5章 音楽史における第一次世界大戦とは何だったか―戦間期における回顧から(一九二〇年代の音楽と新古典主義/ハインリッヒ・ベッセラー「音楽聴取の根本問題」と戦前音楽文化への批判/ベッサーラーと「行動する音楽」の美学/ベッセラーの思想とユーゲント運動)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ