pagetop

本 生きられる癒しの風景 園芸療法からミリューセラピーへ

ほしい!に追加 twitter
本-生きられる癒しの風景 園芸療法からミリューセラピーへ
著者: 浅野房世 (著)
高江洲義英 (著)
定価 ¥2,700(税込)
BOOKFANポイント: 25 pt
or
Tポイント: 25 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
人文書院
発行年月
2008年 06月
ISBNコード
9784409340394
版型
--
ページ数
215P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

浅野房世 OFF
高江洲義英 OFF

内容紹介

21世紀はミリューセラピーの時代である。
ミリューとは、人を取り巻く空間であって、「生きられる風景」を構成する要素である。
たとえば病を得た者は必ずしも明るい風景ばかりを好むわけではなく、生きられる風景はそれぞれに違う。
本書では緑をとりいれた施設や植物に癒されていった患者の事例などを通して、癒しと緑の関係をさぐる。
風景が、人を包み込み癒す積極的な治療媒体として、大きな力をもつことが理解できる。
医療、福祉、心理、農学、都市計画に携わるすべての人に必読の書。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 生きられる空間と風景(生きられる空間/風景について/「癒し」という言葉/風景と癒しの学際論)/2 癒しと緑の関係(人は緑の癒しを求めるか/現代人の求める癒しの風景とは/苦しみの中の癒し/癒しの風景をさぐる調査/求められる癒しの風景/「生きられる癒しの風景」調査のまとめ)/3 園芸療法とミリューセラピー(園芸療法/ミリューセラピーとは何か)/4 ミリューセラピーの事例(ミリューの事例/セラピーの事例)/5 生きられる癒しの風景を求めて

著者情報

浅野 房世
東京農業大学農学部バイオセラピー学科:植物介在(園芸)療法学研究室教授。技術士(都市及び地方計画)。一級造園施工管理技師。上智大学経済学部卒業。九州大学にて「癒しの風景」に関して博士号取得:専門研究はタナトロジー(死生学)と風景の関係。人間・植物関係学会理事。日本園芸療法学会理事。林野庁林政審議委員。日本造園学会学会賞(2000年)。リー・マッキャンドリス賞:アメリカ園芸療法協会(2004年)。ロン・メイス賞:国際ユニバーサル・デザイン・センター(2004年)
高江洲 義英
医療法人和泉会理事長。精神科医師。昭和46年東京医科歯科大学医学部卒業。獨協医科大学精神神経医学教室講師を経て、昭和60年いずみ病院を設立。日本園芸療法学会理事長。西日本芸術療法学会理事長。東京農業大学客員教授(前東京農業大学教授)。日本芸術療法学会学会賞(1995年)。沖縄文化協会賞(2000年)。日本文化デザイン大賞(2003年)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
うれしい全品送料無料♪全商品1%ポイント還元!
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ