pagetop

本 十字架とハーケンクロイツ 反ナチ教会闘争の思想史的研究

ほしい!に追加 twitter
本-十字架とハーケンクロイツ 反ナチ教会闘争の思想史的研究
著者: 宮田光雄 (著)
定価 ¥8,208(税込)
BOOKFANポイント: 380 pt
or
Tポイント: 228 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
新教出版社
発行年月
2000年 11月
ISBNコード
9784400427100
版型
--
ページ数
467,7P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

宮田光雄 OFF

内容紹介

本書においては、第一章でヴァイマル共和国における政治的・教会的状況をとりあげ、とくに初期ナチ党の宗教政策、これに同調した“ドイツ的キリスト者”の思想と行動とをあきらかにしている。
第二章では、教会闘争の過程を概観したのち、この闘争における頂点ともいうべきバルメン宣言に即して、告白教会の政治倫理の可能性を神学的・政治学的に分析。
第三章では、ローゼンベルクの『二十世紀の神話』との論争の中で、教会によるナチ・イデオロギーとの直接的対決のもちえた政治的射程を、第四章では、ナチ占領下のノルウェーとデンマークの事例研究を通して、ルター主義的伝統に立ちながら、なお政治的抵抗が可能となった神学的・社会的背景を、第五章では、敗戦後直ちに公にされた有名なシュトゥットガルト罪責告白をめぐる論争を通して、教会闘争の政治的・神学的遺産を明らかにした。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 ドイツ教会闘争への道/第2章 ドイツ教会闘争の政治倫理―バルメン宣言の論理と倫理/第3章 政治神話と教会闘争―ローゼンベルク『20世紀の神話』論争/第4章 北欧の反ナチ教会闘争―ノルウェーとデンマーク/第5章 教会闘争と罪責告白―シュトゥットガルト罪責宣言論争

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福 上

ユヴァル・ノア・ハラリ(著)


サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福 下

ユヴァル・ノア・ハラリ(著)


今日の治療薬 解説と便覧 2017

浦部晶夫(編集)


ランキング一覧へ