pagetop

本 恐慌前夜 アメリカと心中する日本経済

ほしい!に追加 twitter
本-恐慌前夜 アメリカと心中する日本経済
著者: 副島隆彦 (著)
定価 ¥1,728(税込)
BOOKFANポイント: 80 pt
出版社名 祥伝社
シリーズ名 Econo‐Globalists 11
発行年月 2008年 09月
ISBNコード 9784396613143
版型 --
ページ数 248P
平均評価
(5)
: 1件
: 0件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

副島隆彦 OFF

内容紹介

農林中金5・5兆円、三菱UFJ3・3兆円!―日本の金融機関は、サブプライム崩れで大きく信用毀損した米二大住宅公社(フレディマックとファニーメイ)の不良な債券を、これほどまで巨額に買い込んでいた。
日本人は米政府が住宅公社を支援するから大丈夫と思っている。
しかしそれは不可能だ。
アメリカは日本に1円も返さない。
恐慌は目の前に迫っている。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1章 アメリカと心中する日本経済/2章 「金融工学」の罠/3章 「格付け」と「会計基準」の虚妄/4章 恐慌への道のり/5章 恐るべき統制経済―ネオ・コーポラティズムとは何か/6章 恐慌に立ち向かう日本/巻末特別付録 恐慌の時代に強い企業銘柄一覧

著者情報

副島 隆彦
1953(昭和28)年、福岡市生まれ。早稲田大学法学部卒。外資系銀行での為替業務担当を経て、常葉学園大学教授。評論家。アメリカの政治思想、法制度、金融・経済、社会時事評論の分野で画期的な研究と評論を展開。日米の政財官界、シンクタンクなどに独自の情報源を持ち、「民間人国家戦略家」として執筆・講演活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高3,000円分ギフト券プレゼント中!今すぐマイページへ
特集一覧へ