pagetop

本 飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ 若き医師が死の直前まで綴った愛の手記 新装版

ほしい!に追加 twitter
本-飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ 若き医師が死の直前まで綴った愛の手記 新装版
著者: 井村和清 (著)
定価 ¥1,404(税込)
BOOKFANポイント: 65 pt
or
Tポイント: 39 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 祥伝社
発行年月 2005年 08月
ISBNコード 9784396612474
版型 --
ページ数 236P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

井村和清 OFF

内容紹介

「死にたくない。
生まれてくる子の顔を見たい…」不治の病に冒された青年医師が、最後まで生きる勇気と優しさを失わず、わが子と妻、両親たちに向けて綴った感動の遺稿集。
初版の刊行以来二五年の時を経ても、その真摯な思いは、いまだ変わらず読む者の胸を打つ。
今回、「まだ見ぬ子」清子さんの結婚を機に、夫人による新原稿を加え、装いを新たに刊行。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 ありがとうみなさん(はじめに/ふたりの子供へ/あとがき/私の好きな言葉/私は泥棒 ほか)/第2部 祈りをこめて(「父と母の記録」より(井村千重子)/祈りをこめて(井村倫子)/お兄ちゃんをみんなすきだった(津山有)/医師としての井村先生(徳田虎雄)/あとがき(井村和男))

著者情報

井村 和清
1947年、富山県生まれ。日大医学部卒業後、沖縄県立中部病院を経て、岸和田徳洲会病院に内科医として勤務。1977年11月、右膝に悪性腫瘍が発見され、右脚を切断。半年後に職場に復帰したが、まもなく肺への転移が見つかる。自ら「余命六カ月」と診断し、懸命の闘病生活を送りつつ、死の一カ月前まで医療活動に従事。周囲の願いもむなしく、1979年1月、長女・飛鳥を遺し、次女・清子の誕生を目にすることなく逝去

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ