pagetop

本 なぜ松下は変われたか 「中村革命」のすべて

ほしい!に追加 twitter
本-なぜ松下は変われたか 「中村革命」のすべて
著者: 片山修 (著)
定価 ¥668(税込)
BOOKFANポイント: 30 pt
or
Tポイント: 18 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 祥伝社
シリーズ名 祥伝社黄金文庫 Gか11-2
発行年月 2006年 10月
ISBNコード 9784396314163
版型 --
ページ数 321P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

片山修 OFF

内容紹介

松下復活の物語は、日本再生の指針である。
2118億円の赤字が、わずか2年半で1266億円の黒字へ。
奇跡のV字回復の背後には、トップの不退転の決意と、権限委譲された現場の苦闘があった―新体制を徹底取材した特別書き下ろしを加え、「中村革命」の全貌に迫る。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1章 なぜ中村邦夫は「改革者」となり得たのか―巨艦・松下の舵を大きく切った「異端者」の素顔に迫る/2章 「超・製造業」への転換を図れ―九州松下菊水工場がベルトコンベアをはずした日/3章 「垂直立ち上げ」で市場制覇せよ―起死回生のデジカメ・プロジェクトに見る「V商品」のつくり方/4章 営業の原点に立ち戻れ―事業部制解体で「供給側の論理」から「買い手の論理」へ/5章 「環境」で白物家電の牙城を死守せよ―消費者の声が原点のノンフロン冷蔵庫は、こうして生まれた/6章 「テレビ最終戦争」に勝利せよ―聖域なき構造改革で「家電王国」の復活を賭けたPDPテレビの開発/7章 社員一人ひとりが創業者たれ―「社内ベンチャー制度」で創業の精神に立ち返らせる/8章 「中村革命」に終わりなし―最大のピンチを乗り越え、「モノづくり立社」を目指す

著者情報

片山 修
愛知県生まれ。経済ジャーナリストおよび経営評論家、学習院女子大学客員教授。緻密な現場取材に裏打ちされた企業経営論、組織論には定評がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


そして生活はつづく

星野源(著)


ランキング一覧へ