pagetop

本 なぜ無責任な建築と都市をつくる社会が続くのか

ほしい!に追加 twitter
本-なぜ無責任な建築と都市をつくる社会が続くのか
著者: 中崎隆司 (著)
定価 ¥1,728(税込)
BOOKFANポイント: 80 pt
or
Tポイント: 48 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 彰国社
発行年月 2007年 06月
ISBNコード 9784395012046
版型 --
ページ数 187P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

中崎隆司 OFF

内容紹介

都心の大規模再開発、かたや、地方市街地の空洞化。
構造改革・規制緩和は、日本社会に何をもたらそうとしているのか。
社会の動きや変化について建築という社会的な行為の視点から考え、この五年間につくられた政策や制度、社会の動き、身の回りで起きたことなどを振り返る。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 「個」なくして「公」はない(社会の一部しか反映できない建築家の仕事/狭小住宅に建築家の未来はない/夢を託されなくなった建築)/2 構造改革・規制緩和が建築と都市を変えている(構造改革・規制緩和は日本の均質化を進める/東京租界が景観を変えていく/PFIは建築とまちから個性を消していく/指定管理者制度の導入は中途半端な民間開放に終わった/東京「築地」をどう再開発する)/3 まちの活性化のために「個」ができること(建物を通り抜ける新しい経路が中心市街地を変える/「ゲイジュツ」ではまちづくりはできない/大きく変化する繁華街の景観のなかで個人店が消えていく/地域再生マネージャー三連敗で感じた公務員の資質/古い建物に価値を見出す意識がまちを豊かにする/地域資源の限界とエンジニアリングが開く可能性/銀座ショールームが東京と地方を結ぶ/スポーツクラブハウスが地域を活性化する/客室数を増やすことが観光地の活性化の決め手になる/冷めた郊外で宅地開発は続く)

著者情報

中崎 隆司
生活環境プロデューサー・建築ジャーナリスト。1952年、福岡県生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。生活環境(パッケージデザインから建築、まちづくり、都市計画まで)に関するプロジェクトの調査、企画、計画、設計などを総合的にプロデュースすること、建築・都市をテーマとした取材・執筆を職業としている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


伝道の法 人生の「真実」に目覚める時

大川隆法(著)


天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


ランキング一覧へ