pagetop

本 3階建てまでできる記入式2×4の構造設計入門

ほしい!に追加 twitter
本-3階建てまでできる記入式2×4の構造設計入門
著者: 鈴木雄司 (著)
定価 ¥3,240(税込)
BOOKFANポイント: 150 pt
or
Tポイント: 90 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 彰国社
発行年月 2007年 07月
ISBNコード 9784395008568
版型 --
ページ数 158P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

鈴木雄司 OFF

内容紹介

確認申請に利用できるやさしい構造設計入門。
本書で計算された計算書は、確認申請時の図書として利用できます。
計算書の記入欄に数値を記入することで計算ができ、構造の安全性を証明できます。
設計者、工務店等だれでも簡易に構造計算ができます。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 木材と木造建築物の特質(「三つの方向による木材の異なる性質」とは/「膨潤、収縮」とは ほか)/第2章 2×4 3階建て記入式構造計算書および解説(2×4 3階建ての設計条件/数値記入による構造計算方式)/第3章 2×4 3階建て構造計算の記入例(2×4 3階建ての設計記入例/数値記入による構造計算例)/第4章 曲げ部材のスパン表(曲げ部材のスパンと負担幅/床組のスパン表/住宅 ほか)/構造計算をするために必要な資料

著者情報

鈴木 雄司
1948年福島県に生まれる。1974年明治大学工学部建築学科卒業。一般構造、木質構造に進む。1979年鈴木雄司設計工房を設立。1978年イラク国土木省顧問構造家となり、バグダッド国際空間を設計。木材のサイクル植林は無限の資源であり、建築物の素材としての利用に興味を持つ。また無限のエネルギーの活用として、木材に注目する。1980年本格的に木造建築物、木質構造建築物の構造設計に進む。1989年木構造研究所を設立し、現在に至る。日本大学講師(木質構法)。現在、木材がらみの構造物(建築物、工作物)の構造計画、設計に当たっている。丸太組基準告示制定時に、1987年、1988年、1990年版の基準および同解説の作成委員。新3階建て木造住宅簡易構造設計基準の作成委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ