pagetop

本 逝く人・送る人葬送を考える

ほしい!に追加 twitter
本-逝く人・送る人葬送を考える
著者: 太田宏人 (著)
定価 ¥2,052(税込)
BOOKFANポイント: 95 pt
or
Tポイント: 57 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 三一書房
シリーズ名 いのちを見つめる 5
発行年月 2008年 03月
ISBNコード 9784380085048
版型 --
ページ数 232P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

太田宏人 OFF

内容紹介

人は、なぜ葬儀を行うのか。
家族葬、直葬、手許供養、ペット葬…そして、「千の風になって」の流行が意味するものは?葬送の現場から“死と生”を考える迫真のドキュメント。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 葬儀のちから―弔いと癒しの時空間(コンサートに向かう人々?/坂井泉水さんを偲ぶ会 ほか)/第2章 家族の死と看取り―ちゃんと死ぬために(自宅で看取りたかった―手探りで始めた在宅ケア/医療のなかのスピリチュアリティ―医療スタッフも癒しを求めている ほか)/第3章 お葬式を求める人々―追悼と安心(ボウサンに会いに行く―人命と引き換えに発展した移住地/日本式のお葬式が熱望された―経本は古風な和綴じ本だった ほか)/第4章 ペット葬とペットロス―社会に対して閉じられた死(ペットの「友人葬」?―「ペットの遺骸は廃棄物ではない」/別れの言葉で一番多い「ありがとう」―最後の別れと火葬 ほか)/第5章 「千の風」の時代のお葬式―弔いの心への回帰(小泉八雲の遺言―変わる葬送のかたちと意味/「千の風になって」の世界観―男は天国へ行き、そして畑に帰った ほか)

著者情報

太田 宏人
ノンフィクションライター。テーマは移民、葬儀、終末医療、宗教。おもな媒体は『SOGI』(表現文化社)、『週刊仏教タイムズ』など。ペルーの日系人向け日刊紙「ペルー新報」元日本語編集長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ