pagetop

本 部下を活かす上司、殺す上司 組織力UPの最強指導術

ほしい!に追加 twitter
本-部下を活かす上司、殺す上司 組織力UPの最強指導術
著者: 江上剛 (著)
定価 ¥575(税込)
BOOKFANポイント: 26 pt
or
Tポイント: 15 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 幻冬舎
シリーズ名 幻冬舎文庫 え-6-3
発行年月 2009年 04月
ISBNコード 9784344412859
版型 --
ページ数 286P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

江上剛 OFF

内容紹介

部下がミスをした。
取引先から「担当者を替えろ」と迫られた。
重要なセールスの日に部下が頭痛を訴えてきた―。
不測の事態での上司の言動が、部下のその後の成長を左右する。
やる気に火をつけ、成果を上げる「部下を活かす上司」とは?旧第一勧業銀行(現みずほ銀行)の元広報部次長で作家の著者が自身の経験で語る、最高の上司の条件。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 「部下の壁」を乗り越える―「活かす」上司は部下とどう接しているか(頼りがいのある上司とは何か/日常で部下とどう接するか/部下のどこを評価すべきか/伸びる部下を育てる着眼点とは)/第2章 「仕事の壁」を乗り越える―「活かす」上司はどう結果を出しているか(問題が起きたときどう処すべきか/どんなとき妥協すべきなのか/相手との交渉事では何が必要か/本当の意味で結果を出すとは)/第3章 「組織の壁」を乗り越える―「活かす」上司はトップにどう意見しているか(トップが頼もしく思う気概とは/仕事で忘れてはいけない情熱とは/上司の潔い責任の取り方とは/誰もが納得する上司の美学とは)/第4章 「社会の壁」を乗り越える―「活かす」上司は常識とどう折り合いをつけるか(会社の常識にとらわれないために/時間をうまく使うパフォーマンスとは/上司にとって何が有益な情報なのか/どこに着眼すると仕事はうまくいくか)/第5章 「人生の壁」を乗り越える―「活かす」上司はどう魅力を磨くのか(上司としての財産とは何か/魅力を磨くための教養とは/仕事の充実を味わうために/確信のある最高の上司に向かって)

著者情報

江上 剛
1954年兵庫県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。旧第一勧銀時代に総会屋事件を収拾し、映画『金融腐蝕列島 呪縛』のモデルとなる。2002年に『非情銀行』で作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


働く男

星野源(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


ランキング一覧へ