pagetop

本 クレイジーヘヴン

ほしい!に追加 twitter
本-クレイジーヘヴン
著者: 垣根涼介 (著)
定価 ¥648(税込)
BOOKFANポイント: 30 pt
or
Tポイント: 18 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
幻冬舎
シリーズ名
幻冬舎文庫 か-16-4
発行年月
2008年 04月
ISBNコード
9784344411074
版型
--
ページ数
378P
平均評価
(3)
: 0件
: 0件
: 2件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

垣根涼介 OFF

内容紹介

旅行会社に勤め、ありふれた日常への疑問を抱えて日々を送る坂脇恭一27歳。
冴えない中年ヤクザと同棲し、美人局の片棒をかつぐ元OL田所圭子23歳。
ある時、圭子が恭一の同僚をカモろうとしたことから、二人は出会い、絶望の底なし沼へと転がり堕ちていく。
揺れる心、立ち塞がる枠―やがて、境界線を跳び越えて走り出した二人が掴んだ自由とは。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

著者情報

垣根 涼介
1966年長崎県生まれ。筑波大学卒業。2000年『午前三時のルースター』(文春文庫)でサントリーミステリー大賞・読者賞をダブル受賞してデビュー。04年『ワイルド・ソウル』(幻冬舎文庫)で大薮春彦賞、吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞、05年『君たちに明日はない』(新潮文庫)で山本周五郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: こたろう 投稿日:2013/09/19

垣根版ボニー&クライド!

クレイジーヘヴンとは、美人局のチンケなやくざが圭子を言うことを聞かせるために使った、コカインの精製品を水で薄めたもの。圭子の相方のヤクザはそれを局所に塗って相手を狂わせるのを常套手段としています。

そのおかげで、美人局から抜け出せない圭子。客待ちの街角で、恭一と出会い、不思議に心惹かれて気が付いたらキスしていました。

旅行社に勤める、返凡なはずの恭一も、車上荒らしにあって盗まれたものを、自ら張り込んで犯人を見つけアジトに忍び込んで倍返しというのか、金も品物も奪い返し、戻ってきた相手を半殺しにあわせるような、どこか一本切れたところがあります。

恭一の職場のこれまた冴えない吉島(借金まみれの見かけ倒しで持てない男。事務所のキャッシャーから現金を抜いているとんでもない金銭感覚の坊やです)が圭子とヤクザに引っかかり、闇金融で100万借りて来いと脅されます。
そんなことだけは相談する吉島にあきれながら、彼のアパートで待つヤクザに会いに行く恭一。
そこで初めて圭子がやっていることを知ります。その時何かが切れた恭一は突然狂暴になりヤクザを殺していしまいます。

ヤクザを二人で埋めた後は、圭子と一緒に暮らしだす恭一。ふたりで「クレイジーヘヴン」を使ってのただれた日々。
そのうち手持ちの「クレイジーヘヴン」もなくなり、恭一が考えたのはとんでもないことでした。

日常生活の平凡さに飽きあきした普通の青年と、足元の陥穽に落ち込んで苦しむ女性が一緒になって向かう先に光はさしているのか?

垣根さんてこんな一皮剥いたら、とんでもない狂暴な心が潜んでいる人物を書くのが好きだな~

読み物としてはスラスラ読めるのですが、現実には最初に出てくる車上荒らしの中国系のおっさんたちも、ヤクザ屋さんも半端じゃないだろうし、こんなにうまくはいかないだろうなと、やっぱり「ボニー&クライド」のラストシーンを思い浮かべたのでした。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
最高3,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

アキラとあきら

池井戸潤(著)


虚ろな十字架

東野圭吾(著)


儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇

ケント・ギルバート(著)


ランキング一覧へ