pagetop

本 永遠の仔 1

ほしい!に追加 twitter
本-永遠の仔 1
著者: 天童荒太 (著)
定価 ¥616(税込)
BOOKFANポイント: 28 pt
or
Tポイント: 17 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
幻冬舎
シリーズ名
幻冬舎文庫
発行年月
2004年 10月
ISBNコード
9784344405714
版型
--
ページ数
396P
平均評価
(4.5)
: 1件
: 2件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

永遠の仔 OFF
天童荒太 OFF

目次

霊峰の頂上で神に救われると信じた少女・久坂優希と二人の少年は、下山途中優希の父を憑かれたように殺害する。十七年後、再会した三人を待つのは……。文学界を震撼させた大傑作、文庫化!

著者情報

天童 荒太
1960年愛媛県生まれ。86年「白の家族」で野性時代新人賞、93年「孤独の歌声」で日本推理サスペンス大賞優秀作、96年「家族狩り」で山本周五郎賞、2000年「永遠の仔」で日本推理作家協会賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
書籍一覧 > 永遠の仔 (1~5巻)

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: さばとら 投稿日:2010/12/12

長い!けど止まらない。ドラマ…

長い!けど止まらない。
ドラマ化もした有名な作品だが、本で読んだ時の衝撃は想像以上だった。
児童虐待という悲しい現実。愛されたくて必死な子供たちが虐待から逃れて施設で出会った。
色々な悲しみが交錯する中誰が誰の為に何をしたのか・・・
高尚なミステリーであり家族・友情・愛の物語。
泣けるというより、胸がギュッとしました。名作です。

【読後感】
喉にささった太い骨が取れたようなスッキリ感。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

リバース

湊かなえ(著)


君の膵臓をたべたい

住野よる(著)


日本の近代とは何であったか 問題史的考察

三谷太一郎(著)


ランキング一覧へ