pagetop

本 火の粉

ほしい!に追加 twitter
本-火の粉
著者: 雫井脩介 (著)
定価 ¥822(税込)
BOOKFANポイント: 38 pt
or
Tポイント: 22 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 幻冬舎
シリーズ名 幻冬舎文庫
発行年月 2004年 08月
ISBNコード 9784344405516
版型 --
ページ数 577P
平均評価
(4.5)
: 2件
: 5件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ 5件

新刊お知らせ登録一覧へ »

雫井脩介 OFF

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: 3ki 投稿日:2014/10/10

あなたの番

個人的なことをいえば、最近、こういう話が合わなくなってきている。
人の心の歪みを受け止めることが難しくなってきているのか、お話の中くらいは、気持ちよく過ごしたいのか。
まあ、昔から、現実感の乏しいファンタジーが好きだったんだけれど。


そんな愚痴を言いたくなるくらい、いやーな気分が覆う。
隣人を疑いな… >>続きを読む

ニックネーム: はくあ 投稿日:2014/04/25

こんな人居たら本気で怖いとブルったよ。。。

とにかく怖かった。

感想として簡潔明瞭に言うなら、その一言に尽きる。
タイトルの意味、そういうことだったのねって解ったのはほぼ終盤っていう。 このタイトルでこんなおっかない内容、思い浮かばなかったよ私。

最初のうちはなんだかヌルい印象だった。 裁判とか冤罪とかそういう類の小難しい話かな?でも嫌いじゃな… >>続きを読む

ニックネーム: ze19801 投稿日:2014/03/29

裁判官というお仕事

裁判官の梶間勲は、定年間近に担当した一家惨殺事件の裁判で無罪判決を出す。
その被告人であった武内真伍は、死刑を免れ一転冤罪の被害者となる。
その2年後、退官して大学の教授となった梶間の前に武内が現れ、なんと自宅の隣に引っ越してくる。これは、単なる偶然なのか。
武内は、梶間やその家族に献身的に接し、… >>続きを読む

ニックネーム: あい 投稿日:2013/06/02

こわいこわいこわいこわいこわい

面白かった…きっとこの人は悪なんだろう、いや?違うのか?でもやっぱり…という感情の繰り返し。俊郎にはイライラしっぱなしだった。

ニックネーム: moto 投稿日:2011/06/04

普通に暮らしていた日常に突然ふ…

普通に暮らしていた日常に突然ふりかかってくる火の粉。

裁判官時代に人殺しの罪で裁判にかけられていた男に対して言い渡した無罪判決。
その男が 数年後我が家の隣に引っ越してきた。
それは偶然か否か。

彼の様々な善意に心を開く梶間家の母、妻、息子、孫娘。
その中でただ一人不信感を持つ嫁の存在。
そんな彼女が自… >>続きを読む
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


ストライク・ザ・ブラッド 16

三雲岳斗(著)


アクセル・ワールド 21

川原礫(著)


ランキング一覧へ