pagetop

本 最後に鴉がやってくる

ほしい!に追加 twitter
本-最後に鴉がやってくる
著者: イタロ・カルヴィーノ (著)
関口英子 (訳)
定価 ¥2,592(税込)
BOOKFANポイント: 24 pt
or
Tポイント: 24 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
国書刊行会
シリーズ名
短篇小説の快楽
発行年月
2018年 03月
ISBNコード
9784336048431
版型
--
ページ数
332P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

イタロ・カルヴィーノ OFF
関口英子 OFF

内容紹介

森に現れた少年は射撃の腕をかわれてパルチザン部隊と行動をともにする。
やがて、遭遇した敵の兵士に対して少年の銃が狙いを定めたのは…緊張感漂う表題作をはじめ、カルヴィーノ自身のパルチザン体験を元に描いたレジスタンスの物語、少年期をすごした故郷の風景を反映した農民や子供たちの生活スケッチ、戦後の都会を舞台にしたコミカルなピカレスクロマン、軽妙な語り口の風刺的寓話など全23篇を収録。
現代イタリア文学を代表する“文学の魔術師”が、その若き日々にあふれでる創作意欲を自由かつ繊細に結晶化した、瑞々しい傑作揃いの初期短篇コレクション。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

ある日の午後、アダムが
裸の枝に訪れた夜明け
父から子へ
荒れ地の男 
地主の目
なまくら息子たち
羊飼いとの昼食
バニャスコ兄弟
養蜂箱のある家
血とおなじもの 
ベーヴェラ村の飢え
司令部へ
最後に鴉がやってくる
三人のうち一人はまだ生きている
地雷原
食堂で見かけた男女
ドルと年増の娼婦たち
犬のように眠る 
十一月の願いごと
裁判官の絞首刑 
海に機雷を仕掛けたのは誰? 
工場のめんどり 
計理課の夜 

解説 イタロ・カルヴィーノの出発地――リヴィエラとパルチザンの森  堤康徳
訳者あとがき

うれしい全品送料無料♪全商品1%ポイント還元!
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

下町ロケット 〔3〕

池井戸潤(著)


清原和博 告白

清原和博


万引き家族

是枝裕和(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ